BMW M2 G87に2026年頃にxDrive(四駆仕様)が追加発売される?BMW M2 G87は先代の F87型BMW M2同様に販売が好調だと伝えられているが、BMWはさらにG87型BMW M2を拡販するために、xDrive仕様を追加することを検討している模様。

BMW M2 G87へxDriveの導入に向けての背景と可能性

新型BMW M2クーペ G87の生産が大幅に遅れているらしい

BMWがついにBMW M2 G87へ四駆仕様であるxDriveを導入するかどうかが話題になっています。

情報源によると、同社はBMW M2 G87へ xDriveの導入を検討しており、その可能性が高いとされています。

BMW M3 G80およびBMW M4 G82でのxDriveモデルへの高い需要を背景に、ビジネスケースが有利に進展しているようです。

この動きが実現すれば、どのような影響があるのでしょうか?

BMW M2 xDrive(G87)が実現すれば、一年中使える実用的なスポーツカーとしての需要が高まるかもしれません。

特に厳しい気象条件下でも十分な運転性能を発揮できるため、新たな顧客層を魅了する可能性があります。

ただし、オールホイールドライブシステムの導入に伴い、車の重量が増加するというデメリットも考慮する必要があります。

BMWの過去の経験からすると、xDriveシステムの追加によって50-75 kg(110-165 lbs)の重量が増えることが想定されます。

既存の重たさに対して、このトレードオフは一部の顧客にとって魅力的かもしれません。

パフォーマンスと変更の可能性

もしBMW M2 G87 xDriveが市場に登場すれば、おそらく6速マニュアルトランスミッションは廃止されるでしょう。

その代わり、M3/M4 Competition xDriveモデルと同じ650 Nm / 479 lb-ftのトルクをフルに活用できる8速オートマチックが搭載されると予想されます。

ただし、BMWはM2のライフサイクル全体を通じてリアホイールドライブを維持するか、M2 xDriveを唯一のオプションとして採用するかという点についてはまだ決定していないようです。

一方で、少なくとも500馬力以上の出力を持つとされるBMW M2 xDrive(G87)は、圧倒的な性能を誇る車となるでしょう。

既存のBMW M2 CSでは約518馬力の出力が得られていますが、オールホイールドライブの採用によって同じような出力向上が期待されます。

その結果、M2の前輪による追加のグリップを活かしながら、さらなる高性能を発揮できる可能性があります。

8速オートマチックはシームレスで迅速なシフトを可能にし、G87 M2 xDriveは現行のM2モデルへの適切なアップグレードとなるでしょう。

ファンの反応と未来への展望

BMW M2 G87へのxDriveの導入には賛否両論があります。

既存のM2が既に重量過多であるとして、純粋主義者たちはオールホイールドライブの導入に懸念を示しています。

しかし、この車の多用途性は、この議論において一つの要因となるでしょう。

BMWは過去に重い車でも優れたハンドリングを実現できることを証明しており、現行のM2自体がその一例です。

BMW M2 G87にxDriveを導入することは、車の魅力を広げ、悪天候下でも適応性を高め、その能力を最大限に引き出す合理的な一歩と言えるでしょう。

BMWはおそらく、この新しいモデルをM2 Competitionと命名する可能性もありますが、その命名についてはまだ決定されていないようです。

現時点では2026年まで時間があり、プロジェクトの決定は製造開始の18ヶ月前になるため、計画は変更される可能性があります。

しかし、強力なシグナルが初のBMW M2 xDriveの実現可能性が高まっていることを示しています。

【引用・参照元】