久しぶりにフィアット/アルファロメオのディーラーに行ったのでアバルト595コンペチオーネをじっくり見て観察してみた。

やっぱりアバルト595コンペチオーネはカッコいい!

アバルト595CツーリズモをMYSで発注するも納期が・・・。

私がMYSでアバルト595Cツーリズモを発注したのは、単純にオープンモデルがツーリズモにしか設定が無いためです。

イタリア本国のように各グレードでオープンモデルを選択できるのなら一番かっこよくて装備が充実しているコンペチオーネを595Cコンペチオーネとして発注していたと思います。

よくよく見るとツーリズモよりもコンペチオーネの方がカッコよく、装備が充実しているのですからあえてツーリズモを購入する理由は、日本の場合はオープンモデルか否かでしかありませんからね。

そんなコンペチオーネをじっくり見て私のツーリズモを「コンペチオーネ化」できたら・・・と妄想してみました(笑)

サベルトのバケットシートとレコードモンツアのマフラーも捨てがたいが・・・

 

View this post on Instagram

 

taillamp.jpさん(@taillamp.jp)がシェアした投稿


アバルトと言えばマフラーはレコードモンツアが定番というかアバルト=レコードモンツアというぐらいアバルトのブランドイメージを高めたパーツは他にはありません。

しかし、個人的にはレコードモンツアの音以外にあまり魅力を感じません。

  • マフラーの口径が小さい
  • マフラーの出面が引っ込みすぎ

細い左右2本出しマフラーがどうしても好みに合わないんですよねえ。

マフラーの音と見栄えが合っていないというイメージです。

であれば、せっかく後付するのであればアクラボビッチのマフラーを取り付けたいですね。

 

View this post on Instagram

 

奥田隆雄さん(@aotianlongxiong)がシェアした投稿



またサベルトのセミバケットシートもカッコよいですが座面の高さ、硬さの問題があるので・・・

RECARO SR-7F Advanced Edition 2019 アームレスト付き購入

既にレカロSR-7Fの限定モデル(シートヒーター付き)を発注済なので結局は不要になります。

そんな中でアバルト595コンペチーオーネで欲しいアイテムがこちらのバックスキン付きのステアリング。

所々カーボンも付いているので断然こっちのステアリングの方がカッコいい!

さらに、メーターフードもバックスキンになっているのは余計に心が惹かれます。

肝心のダッシュボードがプラスチッキーなままで多少違和感がありますが、それでもステアリングとセットでバックスキンのメーターフードも欲しい!

それでもアバルト595コンペチオーネにも不満はあります

このフロント周りのエンブレムやエアインテークなどのブラックのプラスチックはあえてつや消し黒の素材で作られていますがここはリアも含めて交換したいですね。

納期が遅いのでアバルト595Cツーリズモ用のスリーハンドレッド製パーツを早めに注文

なのでまだ正式に発注できていませんが、スリーハンドレッド製のカーボンパーツに交換予定。

ただし、こちらのフロントインテークカバーはお値段がかなり高額になっていますので、現在購入を躊躇しています。

アフィリエイトをがんばって楽天ポイントを溜め込んで買うしか方法が無いかもですが、4,6万ポイントまで楽天ポイントを貯めるのは気の遠くなるような話ですが。。。

スリーハンドレッド製のカーボンパーツは他にもスポイラー関係がフロントだけでも複数用意されていますが、そこまではとてもとても今回は手が出せない感じなので数年かけて一つずつ交換していくしかありませんね。

結論:コンペチオーネはカッコいいけどコスパならベースグレード(笑)

結局、レコードモンツアもサベルトのセミバケットシートも交換して、エクステリアもスリーハンドレッド製のカーボンパーツに交換すること前提なら、コンペチオーネは不要ですね(笑)

私が購入すべきはアバルト595ベースグレードにオープンモデルの595Cが設定されれば、それが一番コスパが高いことになります。

それでもアバルト595コンペチオーネには憧れてしまう自分が不思議です。