2020年9月23日頃に正式発表されると言われているBMW G80型M3セダン&G82型M4クーペですが、既にハイスペックモデルであるM4 CSLと思われる車両がテストされています。

BMW M4のハイスペックモデルがGTSではなくCSLな理由

BMW M4 GTS試乗記(レビュー)

F82型M4クーペにはハイスペックモデルとしてM4 GTSというモデルが設定されていました。

BMWの中ではかなりハードコアモデルとして注目を集めましたが、販売面ではBMWが思ったほどの成果が得られなかったと言われています。

世界限定700台と販売台数は少ないモデルでしたが、ヨーロッパの一部の地域では売れ残りが出ていたとも言われています。

このBMW M4 GTSはポルシェのマーケティングを模倣した内容、つまりカタログモデル以外にハイスペックモデルを少量販売することで、BMWやMモデルのブランディング向上を狙ったものと思われます。

しかし実際にはポルシェほどのハードコアモデルユーザーがBMWユーザーには存在しなかったが故に、硬すぎる足回りやウォーターインジェクションというレーシングカー並の機能は評価されなかったという経緯があります。

なので新しいM4クーペのハイスペックモデルには失敗作のGTSではなく、過去に成功したCSLの称号が与えられることになりそうだ言われています。

G82型M4クーペ CSLの特徴:大きなリアウイング

今回目撃されたG82型M4クーペ CSLと思われる車両のトランクリッドには、大型の固定翼が取り付けられています。

BMWの市販車でこのような大型の固定翼が取り付けられている事例は少なく・・・


こちらの写真の用に失敗作と言われるF82型M4クーペ GTSに採用されたことがある程度の非常に珍しい装備になります。

比較対象になっている車両はGTSの後に販売されたF82型M4クーペ CSですが、通常はCSのようなリップ上のトランクスポイラーが装備されることがBMWではほとんです。

それだけ特別感を出したいという差別化目的のために大型の固定翼のリアスポイラーを装備させるのは、失敗作と言われるGTSの二の舞にならないのかが心配です。

G82型M4クーペ CSLの特徴:センター4本出しマフラー

この車両が大型の固定翼が装備されているだけなら、この大きな固定翼が新しいMパフォーマンスパーツという可能性もあります。

しかし、今回スクープされたテスト車両のマフラー形状を見れば、この車両が特別な車両であることが分かります。

マフラーの出口がボディ中央部において4本出しの状態で取り付けられています。

最近のランボルギーニなどのスーパーカーではセンター4本出し的なマフラーを見かけますが、このように三角形上の縦積み型のマフラーの配置は非常に珍しいと思います。

このような形状のマフラー配置を行う場合は、配管などの取り回しから変更する必要があると思いますので、このマフラーのみをMパフォーマンスパーツとして販売するというのは考えにくい。

よってこのテスト車両はスペシャルなモデルである可能性が高く、M4クーペのスペシャルなモデルであるGTSまたはCSLという可能性が高くなります。

大型の固定翼やセンター4本出しマフラーなどかなりスパルタンな仕様を想像するモデルになっているM4 CSLというモデルは、M4 GTSという失敗に基づいて本当に作られたモデルなのかは疑問です。

過去成功した E46型M3クーペCSLはちょっとした見た目の違い+軽量化したことでコアなBMWファンから称賛を得たモデルであることをBMWはどの程度認識しているのか?

コアなBMWファンが求めているハイスペックモデルはスペック上の数字ではなく、走りが楽しめるモデルだと思うのですが。

【引用・参照元】

https://www.bmwblog.com/2020/09/08/bmw-m4-csl-spy-photos/?fbclid=IwAR2mTE2RoIrwht4K7I2Z8fH8kH6Qo-aQ7P1L1uRwvWPUGdbmpjPRo7c-hqQ