今年の夏休みを利用して四国(高松、愛媛)へ一泊二日でドライブに行ってきました。相変わらず一人ドライブですが、気ままに走れるところがお一人様ドライブの楽しみですよ。

海が好き、端っこが好き、今回は室戸岬

私は海が好き、端っこが好きということで今回は日程の関係もあり高知県をメインにドライブに行くことに。

まずは中国自動車道宝塚インターを午前7時ごろ出発し一路鳴門大橋方面に向かいます。

出発から一時間程度で明石海峡大橋を渡り淡路島へ。まだ休憩時間には早いのですがせっかくなので淡路島パーキングエリアへ。

ここのパーキングエリアの名物はご覧の通りこの観覧車。なのでいつも休日は淡路島パーキングエリアへ入るための渋滞が発生しますが、時間が早かったこともあり渋滞することなく駐車できました。

それでも既に駐車場は満車状態に近く、誘導員の方の指示で車を移動させます。

今回はこのように観覧車の正面に運良く駐車することができましたので、記念撮影。まあ、お約束みたいなものですね。

タバコ&トイレ休憩のみですぐに出発します。

室戸岬には灯台しか無かった(笑)

淡路島を縦断し鳴門海峡大橋を渡って徳島県に到着。ここまでのルートは讃岐うどんを食べに高松市へドライブした時と同じルートです。

徳島からは高速道路を降りて一般道へ。国道55号線をひたすら南下して室戸岬を目指します。一般道でかつお盆休み期間ということで渋滞も予想しましたが、午前中に移動したこともあったのかほぼ渋滞に遭遇することなく室戸岬へ到着。

実際に室戸岬に到着したのは午後12時頃。宝塚インターから約5時間で到着です。半分ぐらいは一般道を走っていますのでどうしても距離の割には時間がかかります。

到着してみると、このような駐車場が数か所あり、写真の背景にあるような海岸線(砂浜も少しあるがほとんど岩場)があるだけ。

一応観光地だと思っていたので景色が見れるところとか、お土産屋さん、飲食店があるのかと思っていたのですが本当に何もない(汗)

丁度お昼の時間ということで昼食できる場所を探したいところなんですが本当に何もない。そこで、山の上にある灯台を目指してみます。

室戸岬から灯台がある展望台に向かうのは室戸スカイライン(県道203号線)のワインディング・ロードを駆け上がるとこのような森に囲まれた駐車場が見えますのでここに駐車します。

駐車台数も恐らく20台あるかないかだと思いますのであまり観光客は来ない?場所でしょうか?実際に私が到着した際もご覧のように駐車場はガラガラなので一番端っこに駐車。

@syatyou.jpがシェアした投稿


こんな感じできれいな水平線が見渡せますので景色はとても美しいです。ただし、駐車場からこの灯台横の展望台まで約5分ほどあるきますが、途中から急な坂?階段?になりますので、動きやすい靴で行かれる方が良いかと思います。

結局室戸岬も室戸岬灯台展望台にも飲食店やお土産屋さんはありませんので、食事を考えている方はその後の道中で食事をするか、その前に食事を済ませてから行かれる方が良いです。


私はこの後高知市を目指して国道55号線を走りましたので、その途中に合った「キッチンカフェ海土」という食堂?で食事しました。

地元の人も利用される食堂なのでアットフォームな感じな小さなお店です。値段は少し高いかな?と思いましたがその分ボリュームが半端なく多かったので女性には食べきれない量かもしれません。

桂浜は観光地化されすぎ

ランチを済ませた後はひたすら国道55号線で左手に海を所々眺めながら桂浜を目指します。

私は特に坂本龍馬のファンでもありませんし、歴史にも興味がありません。単純に高知の観光名所=桂浜しか浮かばなかっただけ。

場所が場所なだけに多少は物思いにでもふけることができるかと思ったのと、ホテルにチェックインするには早かったので寄り道した、というのが本音です。

実際に桂浜に行ってみて驚いたのは完全に観光地化されていたこと。まずは駐車場がかなり大きく整備されていました。私がランチを済ませて出発したのが14時ごろで桂浜に到着したのが16時頃。

観光バスも何台も停車していて観光客が大勢いました。そして、駐車場から桂浜の浜辺に行くまでに「竜馬の浜茶屋」みたいなお土産物屋さんや飲食店が何件も並んでいます。

私が想像していた桂浜のイメージは広い浜辺に坂本龍馬の銅像、のんびりと海を見ながらぼーっとするイメージでしたが、完全に裏切られました。

確かに坂本龍馬の銅像はありましたが、浜辺ではなくちょっとした丘の上にあり、坂本龍馬と一緒に海を眺めることはできません。

浜辺自体は波が激しい場所みたいで遊泳禁止ですから海水浴客はいませんが、想像以上に浜辺が狭くこれでは海の向こうの外国の想像を本当にしたのか?と思えるほどの残念さです。

それだけ坂本龍馬の人気が高く訪れる人が多いのは理解できますが、これでは歴史を感じてみることはできないですね。

それでも1時間以上桂浜に滞在して、その日は高知市内に一泊です。

【本日の走行距離:356km 所要時間:約7時間】

続きは次回のブログにて。