BMW X2 F39 査定 下取り価格嫁さんのBMW X2 F39が4年目の1年点検に入庫してきました。恐らく次の車検は通さない予定なので最低限の点検で済ませてきましたが、そこで驚愕の事実を知ることになります。

嫁さんのBMW X2 F39 4年目の1年点検

BMW X1 F48とBMW X2 F39を比較してBMW X2 F39の購入を決めた理由

去年の今頃、この記事を書いた時には車検を通して次の車に乗り換えることがほぼ決まっていました。

しかし、結局嫁さんの要求を満たす車が見つからなかった(世の中には存在しないことが分かった)ため、結局そのまま1年間BMW X2 F39を所有したまま、4年目の1年点検を迎えました。

しかし、来年は2回目の車検になりますのでメーカーの延長保証も切れるので次こそは乗り換えることになっているので、今回の1年点検は最低限度の点検のみで通してもらうことにしました。

おかげで点検費用も安く済ませてもらったのですが、その代わりに営業さんが査定をさせて欲しいということなので義理で査定してもらうことに。

嫁さんのBMW X2 F39は極上の低走行車、なんと4年間で1.2万キロしか走っていないという極上な車両なのでさぞや査定の金額も高いものと思って待っていたら、衝撃の事実が判明しました。

4年落ち走行距離1.2万キロのBMW X2 F39の査定額

もうブログのTOP画層に査定額が表示されているのでお分かりですが、4年落ち、走行1.2万キロのBMW X2 F39の下取り価格は180万円でした。

個人的には200万円オーバーを考えていたのでかなり安さに衝撃を覚えました。

確かに、助手席にドアとドアミラーは交換&板金していますし、純正のホイールはガリキズだらけですが、4年落ちで走行1.2万キロは査定ポイントに加算はあっても減算はないと思うのですが。

ボディーや内装も4年落ちとしてはきれいな状態だと思うのですが、それでも180万円の査定額。

もちろん、本気で商談していないので初回提示の下取り価格ですから、もう少しがんばればアップするとは思いますが、それでもMAXは200万円ってところでしょうか?

一応人気のSUVなんですけどねえ、ガソリンエンジンだけど。

ボディカラーもファイトニックブルーなので、アルピンホワイト、ダイヤモンドブラックの次に定番のボディカラーだと思うのですが・・・。

次はBMWというか普通車には乗らないって嫁さんは言っているので、国産車のディーラーに下取りに出すことになると思いますが、その時の下取り価格を聞くとさらに卒倒しそうなぐらいの査定額になるのだと思います。

輸入車から国産車に乗り換える時は下取りは不利

嫁さんの次の愛車候補はダイハツのムーブキャンバスらしいです。

軽自動車は事故した時が怖いから乗りたくない、と昔は言っていましたが行動半径が狭くなったことでお買い物車としか使用しないので軽自動車で十分だとか。

それに、このムーブキャンバスも街なかで見かけて一目惚れしただけなので、まだ試乗もしていませんので本当にムーブキャンバスで良いのか>は甚だ疑問ではありますが、今のところはムーブキャンバスの1択になっておるご様子です。

後はどのタイミングで買い替えるのか?ですが、できれば夏のボーナス商戦ぐらいで商談して納車が秋頃みたいなのが理想でしょうか?

以前よりは新車の納期は短くなったらしいですが、余裕をみておかないと怖いですからね。

それにダイハツのディーラーに下取り出してもとても180万円にはならないと思いますので、こちらの記事の方法でできるだけ高くBMW X2 F39を売却してできるだけ追い金を少なくしてムーブキャンバスを購入できたらと思っています。

BMWからBMWへ乗り換えるのであれば、手間を考えると多少の価格差なら手間を考えてると下取りでも良いと思いますが、輸入車から国産車に乗り換える時は下取り価格は期待できないので、私が最近使っている方法で車を売却した方がかなりお得だと思いますので、1度内容をご確認ください。

BMWを高く売った方法~スマホがあれが手間いらずに誰でもBMWを高く売れます!