2023年頃には発売が開始されると言われているBMW MINIフルモデルチェンジ版。その中でも注目は電気自動車版BMW MINIですが、その完全なリーク写真と思われるものがスクープされました。

2023年、2026年にはフルモデルチェンジされる予想のBMW MINI

2023年に発売予定のBMW MINIは電気自動車と小型化がキーポイント?

先日2回目のLCI(マイナーチェンジ)が行われたBMW MINIですが、2023年にはフルモデルチェンジが行われると言われています。

本来であれば2021年にBMW MINIはフルモデルチェンジされる予定でしたが、BMW MINIを主に製造しているイギリスのEU離脱問題などの影響で2023年にフルモデルチェンジが先送りされました。

なので今回の2回目のLCIモデルは約2年の短命で終わる可能性が高い訳ですので、これからの注目は2023年のBMW MINIのフルモデルチェンジがどうなるのか?が注目です。

2026年に発売するBMW MINIは5つのバリエーションが存在する

今後のBMW MINIのフルモデルチェンジの予定は3ドア、5ドア系の車が2023年頃にモデルチェンジを行い、クロスオーバー系の車が2026年頃にモデルチェンジを行うと言われています。

2023年、2026年のモデルチェンジでは大きくBMW MINIのラインナップが見直されることになり、一番の注目が電動化されたBMW MINIということになります。

今回中国で撮影された言われているEV版BMW MINI G56は本物か?

今回中国の某所で撮影されたと言われている電気自動車(EV)版BMW MINI G56の写真と言われているものがこちらの写真です。

正面から見ると現行型の2回目のLCIが行われたBMW MINIの雰囲気と近いデザインになっています。

しかし大きく違う部分もありボンネットがヘッドライトを覆う形だったデザインが通常の車のようにヘッドライトを避けるような形にデザインされています。

またEVということでフロントグリルが不要になったことで全面がほぼフロントバンパーで覆われるデザインになっています。

逆にリアに関しては現行型とは全く違うデザインになっておりテールランプが網の目状になっていることやテールランプとその間にあるブラックのフィニッシャーのデザインから見た目がスパイダーマンの顔のように見えるのも特徴です。

またブラックのフィニッシャー部分にCOOPER Sの文字が見えますが、これまでの手法であればEVの場合はCOOPER Eとなるはずであることがこれまでと違う部分になります。

また室内に関しては運転席前に設置されていたスピードメーターなどが廃止されヘッドアップディスプレイ用の投影装置があるのみ。

その代わりダッシュボードセンターには飛び出す形状の大きなセンターメーターらしきものが設置されていることが分かります。

これまでのBMW MINIの室内デザインとは大きくかけ離れたものに見えますね。

これは本当に2023年発売予定のフルモデルチェンジ版BMW MINI G56なのか?

今回スクープされたモデルが2023年に発売が予定されているフルモデルチェンジのBMW MINI G56なのかは断定は出来ません。

フルモデルチェンジ版という割にはフロント部分のデザインが現行型に似すぎている感じがしますが、逆にリア部分は全く共通するデザインは見られない。

しかし1つだけ言えることは、この写真が中国で撮影されていることから考えると、スクープされたモデルはEV版のBMW MINIである可能性が高いということ。

BMW MINIが中国で生産!日本にも中国産BMW MINIが輸入される?

BMW MINIでは次期モデルのEV版BMW MINIを中国で生産することが決まっており、その開発が中国でも行われている可能性が高いからです。

また次期BMW MINIに関してのラインナップにも変更があることが分かっており、ガソリンモデルとEVモデルでデザインが異なる可能性もあります。

なので今回スクープされた車両はEV版BMW MINIでありガソリン版BMW MINIは別のデザインになりイギリスやドイツで開発されているかもしれません。

今回スクープされた写真の車両は一体何者なのか?

それがハッキリと分かるにはまだまだ時間がかかりそうですが、BMW MINIの新型は着実に開発が行われいます。

徐々に公開されていく情報を今後も注意深く見守っていこうと思います。

【引用・参照元】