イタリア本国ではカタログモデルとして販売されている595 Pista/595C Pistaが日本でも限定240台販売されることが決まりました。

アバルト595 Pista/595C Pistaとはどんな車なのか?

アバルト595ピスタイギリスで発売〜日本でも発売されるのか?

今回日本で販売されるアバルト595 Pista/595C Pistaは価格的にリーズナブルな設定でありながら、サーキット走行などの走りを堪能するモデルとして位置づけされています。

エンジンはツーリズモと同じ160馬力仕様ですが、レコモンやコニのショックなどが装備されています。

ざっくり言えば、ツーリズモモデルのレザーシートを外して、その代わりレコモンやコニのショックを足しておきましたのでコンペティツィオーネが購入できない人はこっちを購入してください、という仕様です(笑)

走りに興味があるけど、コンペティツィオーネは価格的に買えないという人にカスタム、チューニングベースとして提供されているのがPistaグレードということになりそうです。

アバルト595 Pista/595C Pistaの具体的な装備は?

実際にアバルト595 Pista/595C Pistaの装備内容を確認しましょう。

ボディカラーは通常は設定のない「Blu Podio」(ブルーポディオ)を採用。

さらにリップスポイラー、ブレーキキャリパー、ドアミラーカバー、リアディフューザーにはイエローのアクセントカラーが設定されているのが外見上の大きな特徴。

ちなみに、イタリア本国では「Blu Podio」(ブルーポディオ)以外のボディカラーが設定出来る模様ですが日本では一色のみ扱いになります。

パフォーマンス部分では、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」を標準装備。

また、リアサスペンションにはKONI製FSDショックアブソーバーを搭載することで走りの良さをアピールしています。

その他にもマットブラック仕上げの17インチアルミホイール、フルオートエアコンやリアプライバシーガラスを特別装備されています。

やはり、ツーリズモモデルからレザーシートを取り除き、レコモンとコニを追加しておきました、という表現は間違っていないですね。

アバルト595 Pista/595C Pistaの1番オススメは595C Pista+MT仕様

ミッション 台数
595 Pista MT 95
595 Pista MTA 51
595C Pista MT 61
595C Pista MTA 33
合計 240

今回日本に導入されるPistaグレードの構成は上記の表のようになります。

1番台数が多いのはハードトップ仕様の595 PistaのMT仕様です。

サーキットをイメージしたグレードなのでマニュアルトランスミッション仕様が1番の売れ筋となるという見込みですね。

アバルト好きな方はこの表を見てピンっと来た方もいると思いますが、実はPistaグレードの本当の1番の「買い」のモデルは595C PistaのMT仕様です。

通常のアバルトのカタログモデルにはカブリオレ+MTの設定はありません。

八光自動車からアバルト595Cの限定マニュアルミッション車を動画で営業

過去2回程上記のように限定車としてカブリオレ+MT仕様が日本でも販売されたことがありますが、台数は20台から30台程度だったと記憶しています。

よって、将来的なリセールバリューなどを考えるとPistaで1番買って得するモデルはカブリオレ+MT仕様ということが言えます。

もちろん、オープンモデルに興味がない方には関係にない話ですが、MTでブイブイ走りながらゆっくり風を感じながら走ることが出来る二度美味しいアバルトに興味がある方はPistaのカブリオレ+MTが1番オススメのモデルだと思いますよ!

【引用・参照元】

https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1248/481/html/014_o.jpg.html