アバルト生誕70周年モデルとしてアバルト595シリーズのトップモデルとしてアバルト595エッセエッセが発売されます。

アバルト595エッセエッセとは?

アバルト595シリーズの事実上のトップグレードは595コンペチオーネですが、基本性能は595エッセエッセも595コンペチオーネに準じる形になる模様。

  • エンジンは1.4リッターターボ
  • 出力:180馬力
  • ブレンボ製ブレーキシステム(レッドキャリパー/フロント)
  • BMC製ハイパフォーマンスエアクリーナー
  • KONI製FSDショックアブソーバー

主な変更点はエクステリア、インテリアが中心です。

  • ホワイトの17インチ「スーパースポーツ」ホイール
  • アバルト・サイドストライプ(ホワイト)
  • ドアミラー(ホワイト)
  • 70周年スペシャルバッジ
  • 「70」ロゴ入りのサベルト製スポーツシート
  • カーボンファイバー製のダッシュボード
  • カーボンファイバー製ABCペダル

今回のアバルト595エッセエッセには「白」とカーボンが多様された仕様ということになります。

一番の目玉はアクラポビッチ製マフラー

アバルト595シリーズのマフラーと言えばレコードモンツアが定番ですが、ここに来てアクラポビッチが採用されたというのは今後のアバルト595シリーズ全体のマフラーが変更されるかも?

レコードモンツアは非常にクルマ好きが好きな音色を発生するマフラーであることは間違いありませんが、日本では住宅事情のこともあり一部のユーザーから不満の声も。

その点アクラポビッチなら多少気持ち程度ですが音量が低減されるのは日本では喜ばれる仕様かもしれません。

また、レコードモンツアの細いテールパイプはデザイン的にはチープ感があってイマイチ好きではないので、595シリーズにアクラポビッチが装備されるとうれしいです。

私はアバルト595Cツーリズモなので気にしない・・・ようにします

MYSで発注したアバルト 595C ツーリズモが生産準備中に!納車時期は・・・

私が昨年11月に発注したMYS仕様のアバルトは595Cツーリズモ。

アバルト生誕70周年仕様の595エッセエッセにはおそらくキャンバストップ仕様は存在しないと思いますので気にしませんが、私と同じようにMYSで595コンペチオーネを発注している人は複雑な心境ではないでしょうか?

もちろん595エッセエッセの方が595コンペチオーネよりも高額なプライスタグが付くことは容易に想像ができますが、それでも595エッセエッセが欲しい!と思う方もいらっしゃると思います。

アバルト、フィアットはカタログモデルよりも特別仕様モデルの方が実は販売台数が多いのでは?と思えるぐらい特別仕様が販売されますので今回の595エッセエッセの後出しジャンケン的な発売も仕方がないと思います。

しかし、ボディがカラーとホイール、サイドミラーの配色のセンスの良さやカーボン満載のインテリアを見ると595エッセエッセが欲しくなっちゃいます。

私は個人的には595エッセエッセ自体に興味があるのではなく、595シリーズにアクラポビッチが標準装備されたことで、私のツーリズモやコンペチオーネにも「純正」アクラポビッチが合法的に取り付けられるようになるのでは?と期待しています。

型式が同じなら「純正」アクラポビッチも車検対応で取り付けができますからね!

AKRAPOVIC SLIP-ON Line アバルト500/500C/695用【マフラー】【自動車パーツ】アクラポヴィッチ アクラポビッチ スリップオンライン
AKRAPOVIC ワイヤレスキット アバルト500/500C/695用【マフラーパーツ】アクラポヴィッチ アクラポビッチ Wireless kit

【引用・参照元】

https://www.autoweek.nl/autonieuws/artikel/abarth-presenteert-595-esseesse/

*画像多数あり!