新型 NSX 国内販売台数

こんにちは、社長です。新型NSXが日本でも販売開始されましたが、社用車として経費で購入するには価格以上に難しそうです。

日本国内販売台数は年間100台だけ

こちらの記事にあるように新型NSXの年間総生産台数は2,000台。そのうち、日本国内には100台が割り当てられることが決まっているようです。総生産台数の5%ですね。日本のメーカーなのでもうちょっと優遇してくれてもよいのかな?とも思いますが。

新型 シビック タイプR

先日同じくホンダで限定販売されたシビックタイプRでも限定販売ながら750台も販売してくれたのですが・・・。まあ、シビックタイプRは車両価格が500万円ぐらい(シビックとしては高額ですが)で新型NSXは車両価格が2,000万円オーバーですから、シビックよりは販売台数は少ないと想定しているのか?

そもそもなぜ年間総生産台数が2,000台なのか?

これはニッサンGTRと同様にハンドメイドで生産されていることが原因のようです。それでもGTRは車両価格が10,000万円ぐらいですから新型NSXの価格設定は2倍になりますね。

ホンダ S660 生産台数

生産台数の少なさと言えば同じくホンダS660も生産台数が少ない車です。1日で40台ぐらいと聞いていますので年間1万台にも満たない生産しか出来ません。ちなみに1万台という台数は軽自動車の売れ筋の月間販売台数の3万台程度ですからいかに少ないか分かると思います。

ホンダ S660の場合は基本的に普通車と同じように製造ラインで組み立てしていますが、特殊な車ということも有りs660専用の1本の生産ラインで製造しているため販売台数が増やせない。増やそうとすれば、莫大な設備投資が必要になりそれを回収出来るだけの販売が見込めないので現状維持になっています。

スポーツカー人気が復活?

結局スポーツカーの人気が復活しているとは言え、総生産台数ではミニバンやRV車とはケタが1つ2つ少ない訳ですから会社的には売上に貢献しない部類の商品です。

しかし、生活必需品でかつ嗜好品でもある自動車という商品の場合は、両方のニーズに応える必要があるので、損しない範囲でスポーツカーを販売出来るのであれば、マニアックなユーザーの期待にも応えることで会社のブランディングアップにつなげる必要があります。

よって、スポーツカーは全般的に価格がアップすることになるので、新型NSX、シビックタイプRなどの価格設定にならざるをえないと思います。そういう意味ではトヨタ86/スバルBRZの価格はバーゲンプライスと言えると思います。

 

追伸

あなたもアバルトに乗ってみませんか?

 アバルト 中古車 選び方