ケンとメリーの丘

こんにちは、社長です。北海道旅行3日目です。富良野のホテルを出発して美瑛町へ。富良野は数回訪れているので特に見るものもなく一直線で美瑛町へ行くことに。ちなみに、今回は嫁さんの指示のままにお抱え運転手状態です。

1.美瑛町「沢尻農園」

美瑛町 沢尻農園

この沢尻農園は以前からトウモロコシやじゃやがいも等を通販で嫁さんが購入していたようです。茹でたてのトウモロコシをその場で食べられて嫁さんと娘は既に大満足な状態です。もちろん、現地で購入、発送も出来ますのでお近くに来た際にはお立ち寄りされることをお勧めします。

ただし、google mapでも検索出来ません。私たちは電話番号が分かっていたので近くから電話しましたが、初めての人はお店を探すのは難しいと思います。

もし、沢尻農園に行かれる場合は、地図にある「美沢駐車公園」または「美沢小学校」を目印にされると到着出来ると思います。厳密には「美沢駐車公園」の前が沢尻農園になるのですが、カーナビによっては検索出来ない可能性もありますので、「美沢小学校」でなら検索可能と思われます。

この当たりは現地で検索をしても詳細な住所が表示されません。番地とか無いのでしょうか?まあ、番地が無くても見渡す限り家やお店はごくごくわずかなので必要ないのかもしれませんが・・・。

2. 美瑛ゼルブの丘

 美瑛町 ゼルブの丘

簡単に言えば、お花畑です。ホームページの説明から引用すると・・・

ようこそ、ぜるぶの丘・亜斗夢の丘のホームページへ。

旭岳や十勝岳連峰などの迫力ある大自然を背景に、ラベンダー・ひまわりなどの花畑を眺めることができます。「ぜるぶ」とは「かぜ」「かおる」「あそぶ」の各後ろの三文字をとって名付けました。「さわやかな風薫る丘でみんなで楽しく遊ぶ」をテーマに、展望台からはケンとメリーの木が眺めることができ、バギー・カートで園内を周ることもできます。

確かにこの丘を徒歩で回るのはこの猛暑では熱中症確実です。なのでクルマ好きな社長さんはバギーを運転して見学することをお勧めします。

美瑛町 セルブの丘

このバギーで実際に運転して丘を周ります。2人乗りですのでカップルでも親子でもこれ1台で大丈夫。実際の運転はバイクに似ています。原付きバイクが運転できれば係員さんに教えてもらわなくても運転可能です。

3.ケンとメリーの木

ケンとメリーの木

スカイラインのシリーズに「ケンとメリーのスカイライン」という年代のスカイラインがありますが、その時のテレビCM等に使われた木がこのケンとメリーの木です。私はアラフィフですがリアルでこのCMを見た記憶はありませんので、40歳以下の人は「ケンとメリー」と言われても・・・って感じでしょう。

こんな感じでテレビCMやカタログに登場したのがこのケンとメリーの木です。このケンとメリーのスカイラインのCM撮影はこの美瑛町を中心としたエリアで撮影され、当時はスカイラインも売れたし、CMソングも流行したんだと思います。

まあ、1972年のテレビCMということですから、私が4歳の時にテレビで流れていたみたいですから記憶に無いのも当然ですね。もう既に40年以上も前の話ですが未だに観光スポットになっているのがある意味スゴイ。

5.マイルドセブンの丘

マイルドセブンの丘

こちらもテレビCMで有名になった丘。マイルドセブンというタバコのCMが撮影されて有名になったらしい。今ではタバコのテレビCMは全面的に禁止されていたと思いますが、1978年当時はテレビでタバコのCMはガンガン放送されていたと思います。

ちなみに、私が子どもの頃は電車の中も喫煙可だったハズです。今では絶対にあり得いない光景ですが、それぐらい大人の男性が喫煙することが当たり前の時代だったということでしょう。愛煙家の私からはある意味うらやましい時代です。

こちらもケンとメリーの木と同様に40年近くたった今でも観光名所として残っているのが不思議な場所です。普通に丘の上に木が立っているだけですから・・・。

6.セブンスターの木

セブンスターの木

またタバコです(笑)こちらはセブンスターというタバコのパッケージデザインのモデルになった木だとか。正直こうも立て続けに丘だの木だの見ていると既にどうでも良いという感じなんですが、うちの嫁さんは欲張りなので近くに来たんだから全部見る主義なので全部見て回っています。

もう、ここまで来るととっくに飽きている訳ですが、これも家族サービスと割りきってがんばってます。ぶっちゃけ、この角度からだとセブンスターのパッケージデザインとは似ても似つかぬ姿ですが、グランクーペと一緒に撮影しようとするとこの角度に・・・(泣)

7.親子の木

親子の木

もうこの親子の木に至ってはテレビCMも何も関係ない。単純に2本の木が並んでいる姿が親子のようだ、なんてこじつけもいい感じに聞こえるぐらいの観光名所。

この親子の木に至っては、目の前の道路は車両通行禁止になっているので、車を停めて2分~3分歩いて到着。もうグランクーペとの2ショットも無理。

もう木も丘も勘弁して!って感じです。ちなみに、ケンとメリーの木、マイルドセブンの丘、セブンスターの木、親子の木は場所が近いので車で無くても自転車でも回れる距離です。

現に観光バスツアーで来ていた観光客はレンタサイクルでぐるっと回っていました。しかし、写真を見ればお分かりのようにこの一体はアップダウンが多くてこの真夏に自転車では間違いなくぶっ倒れます。車で回るのがおすすめです。

美瑛町 観光名所

この4ヶ所を車で写真を撮影しながらゆっくり回っても1時間ぐらいでしょうか?自転車だと半日?ぐらいはかかりますかね。たぶん、休憩時間が必要だと思いますので。やはり、車で周遊されることをお勧めします。

8.展望花畑四季彩の丘

展望花畑四季彩の丘

こちらは先程の木や丘からは少し離れたところにありますが、ゼルブの丘と同様にお花畑です。こちらはまだ製作中という感じの観光バス向けの観光地を無理やりに作った感じが満載です。

こちらもバギーで回ったり、写真の左下に写っているようなトラクターが牽引する列車のようなものに乗って観光します。こちらはかなり広いので徒歩で全てを回るのは困難です。ちらって見て帰るか、トラクターの列車に乗って見学するしか方法はありません。

 

これで美瑛町の観光スポットは全てです。朝9時に富良野のホテルを出発して10時前に沢尻農園で買い物をし、木や丘を回って昼食を挟んで四季彩の丘を出たのが15時前後です。

一箇所にどのぐらい滞在するかにもよりますが、普通に回ればこのぐらいの時間で回るのが一般的か、あと1時間ぐらいは余分にかかるかもしれません。この日は15時ぐらいには美瑛町を出発したかったので少し早足になったかもしれませんので。

北海道旅行3日目後半はこちらへ・・・。

 => BMW 640i グランクーペで行くドライブ~美瑛町から稚内市へ