アバルト500 赤 中古

こんにちは、社長です。私は本当は赤いアバルト500が欲しかったんですが新古車、中古車ともにその時は赤色が無かったので一番無難な白を選びました。けど、赤いアバルト500を探している方におすすめの赤いアバルト500をご紹介します。

2016年式。走行距離は奇跡の20km!

アバルト500 赤 中古車

奇跡の走行距離20km。もう殆ど新車ですね。おそらくはディーラーの展示車だったと思います。もちろん、2016年登録ですから2019年3月まで車検が付いてきます。

展示車は屋内保管ですから塗装の劣化も心配不要。屋根付き駐車場で保管されている中古車よりも塗装状態は遥かに上ですね。これでボディコーティングをすれば、さらにきれいな赤になりますよ。

もちろん、男の5速マニュアル、右ハンドル

こちらの物件は右ハンドルの5速マニュアルトランスミッション。確かにクラッチがあるので左ハンドルよりは足元が狭いですが私が行っているようにフットレストの交換などで対応可能です。

あと、アバルトは人によっては着座位置が高く感じる場合が多いので、思い切ってシートを交換するのも有りです。これは右ハンドル、左ハンドルに関係なく多くのアバルトオーナーさんが指摘していますので、予算が許せばぜひRECAROシートをお勧めします。

赤いアバルトは以外に台数が少ない

私がアバルトを購入する際に調べた範囲ですが、赤いアバルトは台数が少ないです。イタリア車だと赤のイメージが強いですが、アルファロメオやフェラーリのように赤がダントツ人気ということはないようです。

しかし、中古車市場では台数が少ない割には赤いアバルト500を探している人は多いので、リセールバリューも期待できると思います。ちなみに、私の白いアバルトは台数が多いので、リセールバリューはそこまで期待できませんが。。。

最近は新車の販売台数もアバルト500ではなくアバルト595が多くなっていますが、車両価格が高くなりますのでリセールバリュー的にはお得感が少ないです。値下がり率が同じでも値下がり金額が大きくなりますからね。

あと1年ぐらいで新型のアバルト595が日本でも販売開始されると思いますが、それまで待てない!っていう方は今回の新古車を安く購入して、新型アバルト595に乗り換えるとき下取りに出せばさらにリセールバリューが期待出来ますね。

ちなみに、新型アバルト500は500が廃止されて595に統一されると思われますのでご注意ください。今回紹介した新古車の赤いアバルト500はカーセンサー で掲載中ですから、ぜひ一度ご覧ください。

 => 全国納車可能の赤いアバルト500をカーセンサー で検索してみる!