ドアシルプレート スカッフプレート1
こんにちは、社長です。思った以上にアバルトのパーツを購入しているので既にもうネタが無くなりつつあるのですが、そんな時に届いたのがこちらの商品。海外からの商品です。前回も結果的に海外から送られてきたものはありましたが、自分で探して海外通販したのは今回が初めて。

しかし、私は英語が全く出来ませんし海外通販の決済にクレジットカードを使う勇気もない。どうしたものかと調べてたどり着いたのがセカイモンというサイトでした。e-bay公認の購入代行の会社ですね。しかも、この会社はyahooのグループ会社なので安心。

ドアシルプレート スカッフプレート2

このセカイモンというサイトでというかe-bayで欲しいと思っていた商品がこちら。アバルト純正のドアシルプレート(スカッフプレート)です。本当はカーボン製が欲しかったのですが価格が倍以上するのでステンレス製です。いつものイタ雑さんでも同様の商品は販売されていますが、デザインや色など微妙に違います。そこで思い切って海外通販でお買い上げしてみました。

ドアシルプレート4
こちらがセカイモンの管理画面のキャプチャー。購入代金9,556円+国際送料4,511円なので合計14,067円です。ちなみに購入代金の中にはセカイモンさんの手数料が1,000円ぐらい入っています。英語でのやり取り、決済代行のことを考えると安いものかと思います。また、国際送料は今回はイギリスからの空輸便+日本国内の送料ですので金額的には妥当だと思います。

本当は他にも商品を購入して、日本まで同梱してもらうと1個あたりの送料は安くなりますが、今回は他に欲しい物がイギリスのe-bayには出品されていなかったので、初めての海外通販ということもあり、無事に届いて何よりかな?と思っています。

ドアシルプレート スカッフプレート3
こちらが商品に同梱されていた取り付け説明書。全部英語ですが写真と図で分かります。両面テープで貼り付けるだけなので取り付け説明書が無くても大丈夫なのですが、アバルトのドアシルプレート(スカッフプレート)には左右が決まっていました。両方どちらでも取付出来ると思っていたのでびっくり(汗)

ドアシルプレート スカッフプレート5
ボディのサイドステップにこのようなくぼみが元々あります。ドアシルプレート(スカッフプレート)の後方のくぼみとアバルトのボディの後方のくぼみに合わせて取り付けるときっちり貼り付けることが出来ました。珍しくイタリアクオリティでな無かったので安心。

ドアシルプレート スカッフプレート
これが取付完成図です。フィアット500だとこの部分に純正のドアシルプレート(スカッフプレート)がはじめから取り付けられていたり、アバルト595 COMPETIZIONE(コンペチオーネ)には確かカーボン製のドアシルプレート(スカッフプレート)が取り付けられていたと思います。アバルト500だけが何もないというの如何なものかと。

初の海外通販でどうなることか思いましたが、セカイモンという便利なサービスのおかげで思った以上に簡単に商品を買うことが出来ました。これからは、ヤフオクとセカイモンの両方をチェックしないといけません(笑)