運転席のレザーシートの修理が完了しました。

BMW M4 運転席のレザーシートがほつれる?破れた?ので修理

BMW M4 レザーシートの肩部分の縫い目が破れる、ほつれる?

ある時偶然気づいたのですがこちらの記事でご報告した通り、私の昨年6月に納車されたBMW M4 コンペティション F82のレザーシートの肩の部分の縫い目がほつれている(破れる)ことを発見。

すぐにディーラーへ写真を送って対応を確認してもらった結果、クレーム対応の修理として無償で修理していただきました。

このブログにも2名の方が同様の内容でディーラーに対してクレーム対応をされているとコメントをいただきましたので、潜在的にはもっと多くの方のレザーシートに不具合があるのかもしれません。

私のようなM3/M4のコンペティションかCSの方はシート形状が同じですので一度確認された方が良いと思います。

レザーシートの修理方法

こちらが今回のレザーシートのクレーム対応修理の明細書になります。

修理作業の内容を確認すると・・・

  • 運転席のシート脱着
  • 片側フロントシート/バックレストカバー交換

要するに、運転席のシートをまるごと交換したのではなく、ほつれ部分があるシートバック部分のみを張り替えたということになります。

シートの交換と聞いていたのでシートがまるごと交換になるのかと思っていましたが、そういう訳ではないんですね。

てっきりレザーシートの表皮なんて職人さんが1脚づつ手作りで、なんて想像していましたが作業書があればメカニックでも交換できる構造になっているんですね。

ちなみに、ディーラーのサービス部門の話だとこのレザーシートの表皮(カバー)の発注も取り付けも初めての経験ということでした。

実際に修理が完了したレザーシートはどんな状態か?

ぶっちゃけ、TOPの写真やこちらの写真が修理が完了したレザーシートの写真ですが、写真だけではまったく見分けができません。

上の写真がほつれた部分に該当する部分ですがご覧のようにきれいに縫製されています。

ただし、特に対策品ができている訳ではないので、また同じところがほつれたりする可能性がありますので注意が必要です。

また、肉眼で見る限り座面とシートバックの革の状態、色目が多少違う気がします。

あくまでも交換した事実を知っている観点で見ているので先入観があるのかもしれませんが、知らない人が見たらおそらく気づかない程度だと思います。

これがブラックレザーなら私も気づかないかもしれません。

今回はレザーシートのシートバックカバー(表皮)の交換だけがクレーム対応になりますので、購入時に施工したレザーシートコーティングに関しては実費で再施工となります。

流石にそこまではディーラーに負担してもらうのは無理だったので仕方がないですね。

もし、あなたのレザーシートが同様にほつれなどがあれば、メーカー保証期間内であればクレーム対応で無償修理してもらえると思いますので、ディーラーにご相談されることをおすすめします