M2限定生産2

(出典元:http://e-nenpi.com/article/detail/273586)

こんにちは、社長です。BMW好きな方々の1番話題の車はBMW M2なんですが、先日facebookのタイムラインで見つけた不確定な情報によると2017年までの限定生産になるのでは?という話があるそうです。タイムラインに個人が流した情報なので信ぴょう性は分かりません。まして英語の情報なので私の語学力では理解度も怪しい。

M2限定生産
そこでgoogle先生に翻訳をお願いしました。これがその写真。google先生の翻訳もかなり怪しい訳ですが、だいたい私の語学力で理解した内容に親しい翻訳結果が出ています。もし、左側の原文を理解出来る方はコメントに正しい日本語訳をお願いします。

しかし、なぜBMW M2が限定生産になるのかが不明です。基本的にMモデルはベース車両のモデルチェンジに合わせて生産を終了するのがお約束なんですが、なぜBMW M2はそうならないのか?

BMW 2シリーズは先日もマイナーチェンジの情報がありましたので2017年で生産が終了するとは考えにくいです。それでもBMW M2を生産終了にするのでしょうか?確かにMシリーズとしては過去最大級の受注が世界中から入っているという話は聞いています。私が知っている範囲でもこの記事を書いている現在で発注しても納車は来年3月以降になるそうです。BMW M社の生産ラインは大忙しでしょうね。そもそもアルピナ程ではないにしても基本は少量生産の会社ですので。

けれども、限定生産になってもおかしくない理由はあります。2シリーズのマイナーチェンジの際にアナウンスされているようにBMW M2が発売されて以降もBMW M235i(後継のM240iを含む)はカタログモデルとして存続しています。本来M235iという車は本来のMシリーズが設定されないグレードにベースグレードとMモデルの中間的なモデルを設定することでよりスポーツ思考のユーザーをカバーするモデルだと私は理解しています。よって、BMW2シリーズにMモデルを設定した段階でBMW M235iは役目が終わると思っていたのですが。

まだかなり不確定な情報なのでどこまで深読みしても正解が出る訳ではありませんが、もしこの限定生産が本当であればBMW M2は「買い」のモデルになりますね。先々のプレミアムがかなり期待できるから。発注して半年以上も納車まで時間が掛かったとしても数年後に中古車市場ではかなりの人気車種になることは間違いないです。

先程のfacebookのタイムラインの書き込みではイギリスには7000台中の何台がイギリスに割り当てられるのかを予想されていますが、生産台数が本当に7,000台なら日本も同様です。確かBMWの販売台数が多い国はアメリカ、ドイツ、日本の順番だったと記憶しています。どちらにしても販売台数は日本は多い国ですので10%が割当されれば700台、20%なら1,400台です。

先日日本で限定販売されたシビックtype-Rが700台ぐらいだったと思いますが、一瞬で完売になった事実から想像すると、販売価格がBMW M2の方が高いとは言えかなりの人気モデルになることは想像出来ますね。

BMWディーラーの営業さんの話ではBMW M2の納期を待てない人がBMW M4を購入していると聞いていますが、リセールバリューを考えると納期を待ってもBMW M2を購入する方が後々得することになる気がします。