シフトノブ・シフトブーツ交換1
こんにちは、社長です。

前回のブログで改造したABARTH純正風シフトノブを取り付けます。合わせてシフトブーツも交換。一回で2つのパーツが交換出来るのでお得です。

 シフトノブ・シフトブーツ交換2
これが前回のブログでご紹介したアバルト純正風MOMOシフトノブ(sk-23)です。真ん中のレッドステッチがパンチングレザーの差し色として良い感じです。


アバルト純正風MOMOシフトノブ(sk-23)にイタ雑で購入したアルミ製シフトブーツストッパー (ショートタイプ)がと取り付け出来るか確認します。アルミ製シフトブーツストッパー (ショートタイプ)をシフトノブに取り付けるとシフトブーツとシフトノブを連結させることが可能になります。(TOPの写真をご参照ください。)

アルミ製シフトブーツストッパー (ショートタイプ)を取り付けしなくてもシフトノブは取付可能ですが、シフトノブとシフトブーツの間に隙間が出来て、シフトノブが取り付けられている金属の棒が見えてしまってカッコ悪いです。

シフトノブ・シフトブーツ交換3
実際に取り付けるとこんな感じになります。MOMOのシフトノブにピッタリ取り付け可能です。

シフトノブ・シフトブーツ交換4
純正のシフトノブはシフトノブTOP部分のシフトパターンが書かれている蓋を内張り剥がしやマイナスドライバーでこじ開けます。少しかたいですが4ヵ所の爪のの間に差し込めが後は勢いと度胸でパカっと取れます。その中にボルトがありますのでレンチでボルトを取り外すとスポっとシフトノブが外れます。

 シフトノブ・シフトブーツ交換5
シフトノブが外れた後にシフトブーツを取り外します、こちらも内張り剥がしやマイナスドライバーでこじ開けます。先ほど同様に勢いと度胸でパカっと外れます、こちらはとっても簡単。

シフトノブ・シフトブーツ交換6
取り外した純正のシフトノブを裏返し、インパネ取り付け部分にある銀色と黒色のプラスチック製の輪っかを取りずします。爪で2つの輪っかを挟み込むように固定されているだけなのでこちらも簡単に外れます。ちなみに、シフトノブ部分は黒いビニールテープとストラップで頑丈にシフトノブとの連結部分が取り付けtられています。こちらはこのままで外す必要がありませんが、新しいシフトノブを取り付ける参考にバラして確認して良いかと思います。

シフトノブ・シフトブーツ交換7
ちなみに、純正シフトノブとアバルト純正風シフトノブを比べてみました。やはり、純正シフトノブの方が一回り大きい気がします。

シフトノブ・シフトブーツ交換8
後は購入しておいた新しいシフトブーツを取り外しと逆の手順で取り付けます。この際に写真のようにアルミ製シフトブーツストッパー (ショートタイプ)を取り付けます。シフトブーツには取り付け部にマジックテープが縫い付けてあるので、マジックテープでアルミ製シフトブーツストッパー (ショートタイプ)を取り付け、ストラップとガムテープでぐるぐる巻きで固定します。

この際に、ストラップを強めに締め付けて取り付けないと、後々シフトブーツかがシフトノブから外れてしまいます。なので、想定よりもかなり眺めのストラップを用意して、グイグイと締めあげ、余分のストラップを切り取った方が良いと思います。

あとはアバルト純正風MOMOシフトノブ(sk-23)に付属するイモネジでシフトノブを固定し、シフトブーツに固定したアルミ製シフトブーツストッパー (ショートタイプ)と合体させて完成です。

イモネジが3ヵ所あるんですが、均等に少しづつ締め付けておかないとシフトノブがうまく固定されないのでお気をつけください。

ちなみに、今回取り付けたシフトブーツはこちらです。

 
アバルトレザーシフトブーツ (ブラック/レッドステッチ/スコーピオンプレート)です。正面のスコルピオンのプレートがカッコイイ!もちろん、レッドステッチです!

これでシフトノブとシフトブーツの交換は終了ですが、今回シフトノブに取り付けられていたシフトパターンを取り外しましたので、このままでは車検に通りません。ぶっちゃけ、車検の時に紙に5速のシフトパターンを手書きで書いてぶら下げておいても車検に通りますが、それではカッコ悪いので、予算に余裕のあるかたはこういうステッカーもおすすめです。


アバルト 5速シフトパターン3Dステッカーです。価格も400円ぐらいですし、付属の両面テープで貼り付けるだけですので、お好みの場所にペタッと貼り付けてください。その際は運転席から見て分かりやすい場所に貼らないと意味がありませんので。

私はTOPの画像にあるように、エアコンパネルに貼り付けています。視力が悪い私には少し小さすぎて見えにくいですが・・・(汗)