また、スリーハンドレッド製のカーボンパーツが増えました。そのうちコンプリートしてしまいそうです(笑)

スリーハンドレッド製カーボンリアディフューザー+カーボンリアリフレクターカバーの組み合わせ

アバルト595におすすめなスリーハンドレッド製カーボンパーツ

もう私のアバルト595Cにスリーハンドレッド製のカーボンパーツは取り付けるものがない?ところまで来てしまっている感じがしますが、まだまだ取付けていないパーツがあります。

今回購入、取付けたのはカーボンリアリフレクターカバーになります。

私のアバルト595Cにはスリーハンドレッド製のカーボンリアディフューザーが既に取付けられていますが、それにお揃いになるようのリアリフレクターのカバーもカーボンで統一できました。

スリーハンドレッド製のリアディフューザーはドライカーボン製で非常に薄く軽く作られていて、かつカーボン模様がきれいに映し出されています。

今回購入、取付けたリアリフレクターカバーはドライカーボン製ではありませんが、プリプレグ製法という方法で作られていますのでドライカーボン製リアディフューザーと遜色ないカーボン模様が映し出されています。

この2つのパーツの相性はかなり良いと思いますよ。

スリーハンドレッド製カーボンリアリフレクター開封の儀

いつもの真っ黒なパッケージに入ったカーボンリアリフレクターカバーが届きました。

こんな真っ黒な箱で届くのはスリーハンドレッドとZOZOTOWNぐらいです(笑)

実際の商品はこのように両面テープ付きで届きますのですぐに取付けが可能です。

カーボンパーツを両面テープで取り付ける際のポイントはこちらのようなアイテムを使って脱脂することでしっかり貼り付けることができます。

取付け前と取り付け後の比較写真です。

やはりちょっとしたパーツですが有ると無いとでは大違いですね。

スリーハンドレッド製のパーツをどこまで取り付けるのか?

大小に関わらずかなりの点数のスリーハンドレッド製カーボンパーツを取付けてきましたが、そろそろ本当に取付けられるものが無くなってきました(笑)

あとは大物ばかりが残っていると思われます。

  • サイドステップ
  • アンダーフロントリップスポイラー
  • カーボンボンネット

正直そこまでカーボンパーツを取付けたいとは思いませんので、この辺が潮時だと思います。

まだ商品化されていませんが、このギアボックスフレームがスリーハンドレッドから発売されたら欲しいなあ、と思うぐらいでしょうか。

それで外装、内装共に主要な部分にスリーハンドレッド製のカーボンパーツを取付けたことになりますので、十分スリーハンドレッドさんのデモカー状態です(汗)

もし黒いアバルト595をJPSカラーにラッピングしたらと妄想してみた

そろそろ打ち止めにしておかないとこちらのラッピングがずっと後回しになってしまいますからね。

現在原案を考え中ですが、いつになったら完成するのかは不明です。

ラッピングデザインを考えるのは難しいですね。