2024年BMW Z4 M40i G29に6速マニュアルトランスミッションが設定される2024年のBMW Z4 M40i G29が、6速マニュアルトランスミッションのオプションを導入します。これにより、ドライバーはエキサイティングな運転体験を楽しむことができます。

BMW Z4 sDrive20iには6速マニュアルトランスミッションの設定はあります

BMW 118i/118d F40の代車試乗記レビュー

BMW Z4 G29において、マニュアルトランスミッションの提供は新しいものではありません。

実際、BMW Z4 sDrive20i G29には既に6速マニュアルトランスミッションのオプションが存在しています。

残念ながら、日本ではカタログモデルとして販売されていませんが、上記の記事のようにスタディが欧州から左ハンドル使用のBMW Z4 sDrive20i G29を並行輸入して販売されたことが一時話題になりました。

しかし、今回のニュースは、よりパワフルでスポーティなBMW Z4 M40i G29にも同様のオプションが追加されるというものです。

BMW Z4 M40i G29にマニュアルトランスミッションが設定された理由

BMW Z4(G29)とトヨタ(GR)スープラのどこが同じでどこが違うのか?

なぜ、BMWはZ4 M40i G29にマニュアルトランスミッションを導入したのでしょうか?

実は以前からBMWはZ4 M40i G29へ6速マニュアルトランスミッションが搭載されるのでは?という噂は上記の記事でもお伝えしています。

その根拠は兄弟車であるGRスープラ RZグレードにおいて6速マニュアルトランスミッションが設定されたたまです。

ご存知のようにGRスープラとBMW Z4 G29は兄弟車の関係にあります。

よって、兄弟車であるGRスープラに6速マニュアルトランスミッションが設定されたため、BMW Z4 G29にも6速マニュアルトランスミッションを設定することが容易に想像することができるからです。

純粋なパフォーマンス志向のドライバーが多いBMWファンの多くにとって理想的なオプションとなるでしょう。

BMWは、このトランスミッションが大幅なスポーツ性向上に貢献するだけでなく、BMW Z4 M40i G29を手6速マニュアルトランスミッションで操作することで得られる楽しさやダイナミズムも強調しています。

さらに、マニュアルトランスミッションは、特定の運転条件や好みに合わせて変更できるという柔軟性も提供します。

兄弟車であるGRスープラとの違いは?

BMW Z4 M40i G29と兄弟車であるトヨタのGRスープラは、同じ6速マニュアルトランスミッションを共有しています。

しかし、BMWによれば、両車はリンケージとブッシングが異なる独自のチューニングを受けています。

これにより、それぞれの車両が独自の特性と性能を持っています。

また、興味深いことに、BMW Z4 M40iおよびGRスープラのマニュアルトランスミッションは、搭載されるエンジンが3.0リッター直列6気筒であるM40iにのみ提供されており、ベースモデルには選択肢がありません。(アメリカ国内において)

2024年のBMW Z4 M40i G29に6速マニュアルトランスミッションの追加は、純粋なドライビングエンスージアストにとって嬉しいニュースです。

BMWは、このトランスミッションの導入により、車両のパフォーマンスと運転の楽しさを向上させることを期待しています。

これは単なる技術的な進化だけでなく、ブランドの伝統とスポーツカーへの情熱の証とも言えるでしょう。

Z4ファンやスポーツカーファンにとって、ますます注目すべきモデルとなりそうですが日本への導入に関してはかなり期待薄と言わざるを得ない状況だと思われます。

【引用・参照元】