この記事を執筆時点では発売されていないM3 G80/M4 G82専用のMパフォーマンスマフラーの音色を動画で初めて聞いてみました。

BMW M3 G80/M4 G82専用Mパフォーマンスマフラー

BMW M3 G80/M4 G82 Mパフォーマンスマフラーの発売日と価格は?

まもなく発売が開始される予定のM3 G80/M4 G82のMパフォーマンスマフラーですが、一番の特徴は台形型に設置された4本出しの形状です。

おそらくは口径が100パイ以上あるのでは?と思える大口径のマフラーが、リアバンパー下部の中央にドンッと設置している光景はかなりのインパクトがあります。

このMパフォーマンスマフラーはチタン製ということで、標準マフラーに対して5kg程度軽量化されている模様。

純正のM3 G80/M4 G82のマフラーはステンレス製だと思いますので、チタン製になっても思った程は軽量化されていないのがちょっと残念。

ひょっとしたら、Mパフォーマンスマフラーは全てがチタン製ではない?のかもしれません。

発売当初は世界的に品薄になると思いますので、実際のサウンドを聞くのは少し先になりそうですが、今からかなり楽しみであります。

480馬力仕様と510馬力仕様ではマフラーは共通

BMW M3セダン G80/M4クーペ G82 日本での販売が開始

既に販売が開始されている新型M3 G80/M4 G82には無印のM3&M4とコンペティションのM3&M4が用意されており、それぞれエンジン出力が異なります。

  • M3&M4@無印:FR駆動・480馬力(日本はM4のみ)
  • M3&M4 コンペティション:xDrive:510馬力(2021年7月頃発売)

しかし、今回用意されるMパフォーマンスマフラーは無印もコンペティションも同じ仕様のものが用意される模様ですが、厳密に言えばエンジンのセッティングが番うと思いますのでマフラーサウンドに違いが出るのでは?と思われます。

BMW AGでは、@無印とコンペティションではコンペティションの方が販売台数が多いと考えているとのことなので、細かいセッティングはコンペティション向けに開発が行われているのかもしれません。

この辺も聴き比べしないと分かりませんので、早く実車で聴き比べしてみたいものですね。

Mパフォーマンスマフラーは想像以上にエグい音

今回動画で公開されたM3 G80/M4 G82のMパフォーマンスマフラーの音を聞いた感想としては、かなりエグい音が鳴っていたという感じです。

バルブが開閉される前の音は正直そこまで大きくないかな?と思いましたが、動画内では特にアナウンスがされていませんが、バルブが開いた途端に音色が一気に変わる様子を聞くことが出来ます。

それまでの乾いた音色がバルブを開くことで一気に野太い音に変化します。

バックファイヤーの音もバルブがクローズな状態でもかすかに聞こえていますが、バルブが開いた途端にアクセルを吹かす(本当はアクセルを閉じる際に鳴りますが)度に雷のようなバリバリ音を聞くことが出来ます。

その後、動画ではノーマルマフラーの音も聞くことが出来ますが、こちらも先代のM3 F80/M4 F82のノーマルマフラーと比較しても重低音な音が響いて迫力満点です。

このノーマルマフラーの音を聞いてしまうと、別にMパフォーマンスマフラーに交換する必要は無いかな?と思ってしまう程、ノーマルマフラーも十分に良い音を奏でています。

文章で説明しても実際の音は伝わらないと思いますので、興味のある方は実際の音色を動画で十二分に味わっていただければと思います。

ただし、音量が爆音になりますので周りの迷惑にならない方法で視聴されることをオススメします。

【引用・参照元】