これまで散々悩んできたBMW MINI ロードスターのスマホホルダーの位置。やっと実用性とデザイン性の両方をほぼ満たす取付方法が見つかりました。気がつけば意外と簡単な方法でしたよ。

R56系BMW MINIのスマホホルダーの位置を試行錯誤

BMW MINIのバックカメラ用モニターに中古のiPhone6プラスを取り付けしてみた | BMWとABARTHからBMW MINIに乗り換えた、夢の2台持ちの社長ですがなにか?

私のミニはミニロードスター(R59)なので後方視界は最悪です。なのでモニター付きルームミラーを付けたのですが非常に見づらい。そこでバックカメラモニター以外にも利用可能なiPhoneを取り付けてみました。 バックカメラモニターにiPhone …


こちらの記事のように最初はスマホと取り付けてみたものの、iPhoneではバックカメラとして機能させるのは難しいことが分かりました。

コムテック ZERO802Vをリバースギア連動バックモニターとして取付方法 | BMWとABARTHからBMW MINIに乗り換えた、夢の2台持ちの社長ですがなにか?

リバースギア連動バックモニターとして使えるレーダー探知機として購入した コムテックZERO802V ですが、バックモニターとし利用するのは取り付けに少しコツが必要でしたので、取付方法をお伝えします。 コムテックZERO802Vをバックモニターとして利用する場合には配線が通常のバックモニターとは異なります。 …


そこで、バックカメラがリバースギア連動として映像を映すことができるコンテックZERO802Vを購入したことで、カーナビとしても使用するiPhoneの設置場所が無くなってしまいました。

仕方なく以前から使用していたCDスロットルに取り付けるタイプのスマホホルダーを使用していましたが、場所がセンタースピードメーターの下側にあるため視線移動の範囲が大きく、実用性という意味ではイマイチでした。

スマホホルダーの理想の取り付け位置はセンタースピードメーター

R56系BMW MINIのオーナーであればこの位置にスマホホルダーを取り付けたいと一度は思ったことがあると思います。なにせこの場所は一等地ですから。

ビジュアルブースト装着車はミラーリング等で画面にスマホの映像を映すことも可能らしいですが、私のBMW MINI ロードスターにはビジュアルブーストは装着されていません。

そんなことを考えていた時にあることを思いつきました。

CDスロットルに取り付けたスマホホルダーがセンタースピードメーターの中央付近にステーで伸ばせば、センタースピードメーター中央付近にスマホを取り付けられるのでは?

思ったらすぐにやってみたい人なので、現在使用していたCDスロットルタイプのスマホホルダーを分解して手元にあったステーを取り付けてみました。

最初はもう少し長めのステーを取り付けたのですが、スマホホルダーの固定がCDスロットルなのであまりしっかりとは固定されないのでiPhoneの重みでグラつきが大きい。

そこで短めのステーに変更したところ、グラつきがかなり抑えられましたのでこの長さで妥協です。

材料はホームセンターで販売されているステーやネジ、ワッシャ-ですので改造費はほぼ数百円程度。スマホホルダー自体がCDスロットル部分とホルダー部分がネジで取り付けるタイプだったので加工なしでステーが取り付けられたのがラッキーでした。

CDスロットルタイプのスマホホルダーならスマホ+レーダー探知機可能

完成状態の写真がTOPのこの写真なんですが、もう少しステーの長さが伸ばすことができれば、レーダー探知機が分離型の場合はスマホ+レーダー探知機も設置できるかもしれません。

私の写真のスマホはiPhone6プラスなので大きいですが、普通のiPhone+小型のレーダー探知機なら重さも抑えられるのでダブルで取り付け出来るかもしれません。

今回のCDスロットルタイプのスマホホルダーを改造したセンタースピードメーター付近にスマホを設置する方法のコツはステーの長さです。

ステー下側の一点どめなのでどうしても強度的に弱いこと。また、CDスロットル取り付け部分が確実に固定できる訳ではないので、重さと長さの関係でどうしてもグラついてしまうこと。

なので、ステーはできるだけ短く、取り付けるものはできるだけ軽いことがポイントです。またはステーを延長してダッシュボードとも固定すれば二点どめになるので確実に固定できますが、見た目的にはイマイチな気がします。

このぐらいの長さのステーでもスマホの視認性は大幅に改善されましたので、スマホをカーナビとして使用されているR56系BMW MINIのオーナーでスマホホルダーの取り付け位置に困っている方は簡単に出来ますのでおすすめです。