新型BMW MINI F66は大型センター一本出しマフラーで進化!新型BMW MINI F66が2025年モデルで大胆な変化を遂げ、新型の大型センター一本出しマフラーを搭載することが確定しました。これは多くのファンにとって予想外の仕様変更であり、その背後にはどのような理由があるのでしょうか。

BMW MINI F66のセンター1本出しマフラーの真相

2025年春頃にBMW MINIのガソリン車 F66が発売されます

2025年モデルのBMW MINI F66は、外観の大胆な変更とともに、新型の大型センター一本出しマフラーで注目を集めています。

これにより、これまでのデュアルエキゾーストから一転して、より力強くスポーティな印象を与えることが期待されます。

独自のデザイン要素が取り入れられた新型マフラーは、テスト段階から製品版のデザインへと進化しています。

しかし、2025年に発売される予定の新型BMW MINI F66のマフラーがセンターの2本出しから1本出しに変更されるのか?

主な理由は軽量化と排気効率の向上が目的だと言われています。

特に新型BMW MINI F66  JCWはシングルパイプエキゾーストを搭載することが確定しています。

これには何らかの理由があるはずで、その真相に迫りましょう。

新型BMW MINI F66は大型センター一本出しマフラーで進化!(引用元:https://www.studie.jp/endo/65875/

実は写真のようにMINI Cooper SおよびJCWはR56以来、シングルマフラーシステムを採用しており、これまでのデュアルエキゾーストは主にデザイン的な要素でした。

シングルパイプエキゾーストの採用は、レースカーやパフォーマンスカーにおいて効率的で軽量な解決策であるとされています。

マーケティングと新しいデザインの方向性

新型BMW MINI F66は大型センター一本出しマフラーで進化!これまでなぜBMW MINIがデュアルエキゾーストを採用していたのかという疑問に対する答えは、主にマーケティングの視点からくるものでした。

2本のエキゾーストパイプは、車を購入する一般の人々にとって1本よりもパワフルに見えるという単純な概念でした。

しかし、新型BMW MINI F66ではその枠を打破し、シングルエキゾーストの採用により新しいデザインの方向性を示しています。

これは、次世代のEV(電気自動車)ミニクーパーやICE(内燃機関車)モデルとの調和を図り、さらなる進化を果たすための一環です。

新型BMW MINI F66の特徴と変更点

新型BMW MINI F66ミニクーパーは、F56に基づいたモデルであり、エンジン(2.0L 4気筒)やメカニカルの大部分はそのまま引き継がれます。

しかし、外観や内装においては、J01型EVのミニクーパーに近づけ、新しい円形のディスプレイと内装レイアウトが導入される予定です。

これにより、より洗練されたデザインと未来志向のテクノロジーが融合したモデルとなるでしょう。

新型BMW MINI F66は、2025年モデルで大型のセンター一本出しマフラーを搭載し、その進化に注目が集まっています。

シングルパイプエキゾーストの採用には理にかなった技術的な背景があり、これにより車両のパワー効率と軽量性が向上しています。

BMW MINIはこれを機に、新しいデザインの方向性を提示し、次世代のEV型ミニクーパーやICEモデルとの調和を図ることで、ファンに新たな魅力を提供しています。

【引用・参照元】