海外通販で取り寄せたハーフボディカバーをアバルト595Cツーリズモに取り付けてみました。

アバルト500/595専用ハーフボディカバーを海外通販で購入

アバルト595Cツーリズモ専用ハーフボディーカバーを海外通販で個人輸入

アバルト 595C ツーリズモを発注してからいろいろなものを事前に購入していましたが、このハーフボディカバーを探すのに苦労しました。

日本ではアバルト500/595専用のハーフボディカバーは販売されていませんので。

いろいろ諸先輩方の事例を参考に検討をつけた結果、日本で購入できそうなアバルト500/595専用のハーフボディカバーは2つありました。

その2つの中であまりみなさんが購入されていないものを今回は人柱になって購入することにしました。

なぜ、ハーフボディカバーが必要なのか?

ミニロードスター(R59)専用ではないけどジャストフィットなハーフボディカバー

BMW MINI ロードスター R59の際にも探しましたが専用のハーフボディカバーが見つからず汎用品で代用していました。

なぜ、フルのボディカバーではなくハーフボディカバーを愛用するのか?

それは保護したい部分が幌だということ、また取り外し、取り付けが比較的簡単である、この2点が私がハーフボディカバーを愛用する理由です。

ソフトトップのオープンカーの場合は、一番守らないとイケない部分は幌です。

私のような青空駐車している場合は、幌のダメージをできるだけ軽減する対策が必要です。

幌がダメージを受ける原因は太陽光と雨水ですので、この2つが防げればOKですからハーフボディカバーで十分です。

フルのボディカバーの場合はボディの保護にもなりますが、取り付け、取り外しに手間がかかる上に、その際にボディに小傷をつける可能性が高まります。

今回も幌、ボディ共にコーティングされていますが、よりダメージを受けやすい幌だけはより慎重に保護することに越したことはありませんので、ハーフボディカバーは必須だと考えます。

実際に購入しハーフボディカバーをアバルトに取り付けしてみた

フロント部分は窓ガラスのみをカバーしますのでワイパーを挟んでおけばより確実にカバーが外れないようにすることができます。

サイドの部分もドアミラーの位置もピッタリ収まっています。

さらにこのハーフボディカバーはドアグリップにマジックテープを巻きつけることで外れないようにしているのが購入の決め手になりました。

リア部分もテールランプの半分部分まで覆うことができますので、幌に太陽光や雨水が当たることはありません。

ちなみに、ルーフにはアンテナ用の袋もありますので、オープンでないアバルト500/595及びフィアット500にも対応可能です。

ただし、四隅にクリップ付きのゴム紐が付いています。

このゴム紐のクリップをボディのどこかに引っ掛けてハーフボディカバーが外れないように固定することが目的だと思いますが、ゴム紐のクリップを止める場所がない。

また、ゴム紐が短すぎてそもそもボディの端っこまで届かない。

リア側はフェンダーエッジにかろうじて引っ掛けましたが、フロントはホイールに引っ掛けるぐらいしか方法がありません。

しかし、それではホイールに傷が付きそうなので現在はフロント側のゴム紐は使用せずにハーフボディカバーの中にしまいこんでいます。

よって現在このハーフボディカバーのフロント部分はワイパーだけで留まっていますが、今のところ風などで外れることはありませんでした。

海外製なのでこのような些細な問題は発生しましたが、ハーフボディカバー自体は非常に頑丈な生地(テントなどに使用されている感じの生地)で作られているので耐久性はありそうです。

海外通販はちょっと敷居が高いと考える方が多いと思いますが、実際にやってみるとこんなに簡単なの?と拍子抜けします。

それで日本では購入できない便利なアイテムを手に入れることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。