今回発売されたBMW M3 G80/M4 G82には複数のグレードが設定されていますが、どのグレードが一番の売れ筋になるのでしょうか?

BMW M3 G80/M4 G82には複数のグレードがある

BMW M3セダン G80/M4クーペ G82 日本での販売が開始

こちらの記事にも書きましたが過去にあまり例がないことですが、現在販売が開始されたM3 G80/M4 G82には複数のグレードが設定されています。

M3セダン G80

  • M3セダン@無印(日本では未設定):FR駆動+6速MT+480馬力
  • M3セダン コンペティション:FR駆動+8速AT+510馬力
  • M3セダン コンペティション M xDrive(後日発売):xDrive+8速AT+510馬力

M4クーペ G82

 

  • M4クーペ@無印(日本では未設定):FR駆動+6速MT+480馬力
  • M3クーペ コンペティション:FR駆動+8速AT+510馬力
  • M3クーペ コンペティション M xDrive(後日発売):xDrive+8速AT+510馬力

このように日本ではM3セダン G80で2つ、M4クーペ G82では3つのグレードが設定されます。

M3セダン@無印に関してはほとんど販売が見込めないとして設定が行われていないのですが、その他の国ではM4クーペと同様に3つのグレードが設定されています。

先代のF80型M3、F82型M4にも後期モデルから無印とコンペティションが設定されていましたが、エンジン出力といくつかの装備の違いだけであり大きな差は存在しませんでした。

しかし、G80系のM3/M4に関しては各グレードのキャラクターが明確化されており・・・

  • 無印:積極的なドリフトマシン
  • コンペティション:保守的なFR+AT
  • M xDrive:最新最速のM3/M4

このように明確なキャラクター設定画行われていることは初めての出来事だと思います。

一番の売れ筋はM xDriveらしい

BMWが発表したM4クーペ G82のグレード別販売構成比は・・・

  • M xDrive:63%
  • コンペティション:29%
  • 無印:8%

という予想をしているとのこと。

またM3セダン G80に関しても・・・

  • M xDrive:60%
  • コンペティション:28%
  • 無印:12%

と、こちらも半分以上が最上級のM xDriveが一番の売れ筋だと予想しています。

これの理由は定かではありませんが、日本のように最上級モデルがホイホイと売れる国はあまりなく、基本的には消費者が自分にマッチしたグレードを選ぶことが多いです。

なので、日本においては今回のBMWの予想のように最上級のM xDriveが一番売れることが予想出来て、かつ販売比率はもっとM xDriveの割合が強くなると考えられます。

しかし、他の国々では無印やコンペティションがもっと売れるハズですが、このような比率を予想するということは、M3/M4に初めて採用されたxDriveへの関心が高いと考えているからなのかもしれません。

またはアフターコロナな世界を予想して景気回復が急速に進むので、高額な車が売れやすくなると考えているのかもしれません。

最大の市場は中国ではなくアメリカ

こちらの資料には国別の販売予測も行われています。

M4クーペ G82の場合ですと・・・

1位:アメリカ(30%) 2位:イギリス(18%) 3位:ドイツ(12%) 4位:中国(11%) 5位:日本(5%) 6位:オーストラリア(3%)

という割合になると予想しています。

多くの自動車メーカーの車の最大の市場はアメリカから中国へ変化しているハズですが、BMWのMモデルに関しては、未だにアメリカ市場が最大のマーケットのようです。

そして中国に至ってはシェアはたった11%しかないことから、以外にも中国ではBMW Mモデルの人気が高くないことが分かります。

あの賛否両論がある大きなキドニーグリルは中国での販売促進を狙ったものと言われていましたが、たった11%のシェアしかない中国での販売促進を狙ってあのデザインを採用した、という話はあまり信憑性は高くないのかもしれません。

【引用・参照元】