発売前にはBMW史上最高に議論されたキドニーグリルが話題になったBMW M3 G80/M4 G82ですが、キドニーグリルの形状を変更するコンバージョンバンパーキットがやはり発売されることになりそうです。

BMW M3 G80/M4 G82のキドニーグリル

BMW M3 G80/M4 G82のキドニーグリルがスクープされた(予想通り)

現行型のM3 G80/M4 G82が発売される前に世界中で話題になったのが車のスペックや機能ではなく、あの大型化されたキドニーグリルだったことは記憶に新しい所です。

これまで長年伝統的なデザインを踏襲してきたBMWのキドニーグリルでしたが、突如として現行型4シリーズクーペ G22のキドニーグリルが超大型なものへと変更されることになり、世界中で否定的な意見が蔓延しました。

当然4シリーズクーペに採用されるということは、その派生車種であるM4にも大型化されるキドニーグリルが採用されることに留まらず、セダンのM3にも採用されたことでより物議を醸すことになりました。

最近でこそ発売されてしまったこともあり、M3/M4のキドニーグリルへの議論は沈静化されましたが、未だにあの大きなキドニーグリルのデザインに否定的な層がいることも確かなようです。

大きなキドニーグリルを小さく見せるコンバージョンキット

BMW M3 G80/M4 G82の大きなキドニーグリルを小さく見せるアダプター

BMW M3 G80/M4 G82キドニーグリルを小さくする交換用バンパーキット

現行型M3/M4が発売される前後ぐらいからあの大型化されたキドニーグリルを小さく見せるためのコンバージョンバンパーキットを制作すると主張するアフターパーツメーカーが数社現れました。

バンパー一体型のフロント部分を全て交換するタイプやキドニーグリルにパーツを取り付ける方法でキドニーグリルを小さく見せる方法など世界中のメーカーがCGを駆使した試作品を公開しています。

それだけあの大型化されたキドニーグリルに対する批判的な意見が多かったことを裏付ける結果となった訳ですが、これらの商品が実際に商品化までされるのかは微妙だと思われていました。

しかし、ついにCGだけの試作品だけではなく実際の商品として製造販売を計画しているメーカーが現れた模様ですので、実際にその商品を見てみたいと思います。

Evolve Automotive製キドニーグリルコンバージョンキット

こちらがEvolve Automotive社が2022年1月より生産を開始すると発表したBMW M3 G80/M4 G82用のキドニーグリルコンバージョンキットのCG画像になります。

このCGを見れば分かるように大きなキドニーグリルを上下に分断する形でフロントバンパーがボディ同色で設置されています。

よってキドニーグリル自体もコンバージョンキットに付属する形で整形されており、当初のものよりもかなり小ぶりなキドニーグリルになっています。

その分フロントバンパー下部のインテーク部分の開口部が大型になっており、純正のフロント部分よりもワイルド感を強調するデザインになっています。

このキドニーグリルコンバージョンキットの価格などの情報はまだ公開されていませんが、これだけ大きく複雑なパーツということなので価格面でも数十万円規模になるのではないでしょうか?

なので純正のキドニーグリルが気に入らないからといって簡単に交換できるのか?と言われると少しハードルが高い商品ではないでしょうか?

【引用・参照元】