2025年発売予定BMW iX3航続距離は何キロまで伸びるのか?2025年に登場予定のBMW iX3が期待を超える航続距離を実現する可能性が浮上しています。この記事では、新しい「Neue Klasse」プラットフォームを採用し、Gen6(第6世代)テクノロジーを搭載する2025年モデルのBMW iX3の航続距離についてお伝えします。

BMW iX3の新機能

2025年に発売する新型 BMW iX3 – スパイ写真解説と期待される革新

BMW iX3は「Neue Klasse」プラットフォームに基づき、ガソリン車のBMW X3 G45から進化した電気自動車の第2世代として位置づけられています。

最新のGen6(第6世代)テクノロジーを搭載し、バッテリーパックのサイズによる異なる電気走行による航続距離を提供することが期待されています。

2025年BMW iX3の最上位モデルは、WLTPサイクルで700〜800kmの電気走行による航続距離を実現する見込みです。

これは現行モデルのBMW iXやi4 eDrive40に比べて大幅に上回る数値です。

現在でもBMW iXやi4 eDrive40は高速道路走行で航続距離が650kmに達するケースもありますが、それを大幅に超える航続距離を新型BMW iX3は、一般道を中心として走行で実現すると予想されます。

BMW iX3に採用されるGen6(第6世代)テクノロジーの効果

BMWは既にGen5(第5世代)バッテリーパックに比べて30%の航続距離向上を謳っています。

BMW iX3はこの新しいテクノロジーを取り入れることで、さらなる航続距離向上が期待されます。

この進化は、EV市場においてBMWが持つ競争力を一層高めるでしょう。

また、BMW iX3は新しい「パック・トゥ・シャーシ」デザインと800Vアーキテクチャを採用しています。

これにより充電時間が最大30%短縮されます。

800Vアーキテクチャは熱発生の低減、薄い配線の使用、そして将来的な高速充電器の標準化を可能にします。

BMWの車の中でフォートナイトがプレイできる?

現在高速充電によってバッテリー残量を約70%から80%充電するために約30分程度の時間が必要です。

それを約20分でバッテリーを充電することができるのであれば、もうBMWの車内でゲームをプレイする必要もなくなるかもしれません。

「phygitalスタイリング」の導入

デザイン面では、BMW iX3は「phygitalスタイリング」を初めて導入します。

phygitalとはPhysical(フィジカル)とDigital(デジタル)をかけ合わせた造語で、リアル世界とデジタル世界を融合させるという意味で使われる言葉です。

デジタルと物理的なデザイン要素の組み合わせにより、BMW iX3は先進的で洗練された外観を持つことが期待されます。

14.9インチの大型スクリーンがダッシュボードの中央に配置され、伝統的なコントロールは最小限に抑えられます。

2025年に登場するBMW iX3は、その進化したテクノロジーと印象的な航続距離により、電気自動車市場において注目を浴びています。

Gen6(第6世代)テクノロジー、800Vアーキテクチャ、および「phygitalスタイリング」の導入が、ユーザーに革新的なEV体験を提供することでしょう。

2025年末の市場投入を待ち望みつつ、BMW iX3がどれほどの航続距離を達成するか、期待と興奮が高まっています。

2024年発売予定のX3 G45と2025年発売予定のiX3は全く別の車になる

多少の懸念材料があるとすれば、全く新しいコンセプトのphygitalスタイリングのデザインが、BMWファンや世界中の市場から受け入れられるのか?という部分です。

キターッ!BMW 4シリーズクーペ G22のキドニーグリルが写ったスクープ写真

BMWは最近ですと4シリーズ G22のフルモデルチェンジの際に、大型のキドニーグリルを採用したことで世界中から賛否両論の意見を浴びる結果になりましたので、同じ様なことにならないのか?個人的には少し不安です。

Reference:bmwblog.com