BMW MINI F66 JCW2025年にも発売が開始される新型BMW MINIクーパー F66にもJCWが設定されますが、大幅なアップデートが期待できるのでしょうか?

2025年発売のBMW MINI クーパー JCWの馬力は控えめ?

新型BMW MINI クーパー F66は現行型のF56型のアップデート版になります。

しかし、そのデザイン、中身は大幅にアップデートされることになっていますが、JCWのエンジンに関しては大幅なアップデートは期待できないかもしれません。

ボンネットの下にわずかに改良された B48 エンジン、より具体的には B48A20O2 を搭載する予定です。

期待できないと言ったのは、2025年発売のBMW MINI JCW F66が 2015 年以来同じ 228 馬力 (231 bhp) の出力を継続するためです。

より具体的には、新型BMW MINI クーパー JCW F66 は 5000 rpm で 228 馬力を発揮します。

言うまでもなく、この数字はこの新世代の JCW にさらなる期待を寄せていたすべての人々を失望させるでしょう。

クーパーとクーパー S が適度なパワーアップグレードを受けているのに、なぜ改善が見られないのでしょうか?

それともさらにパワーアップしたカントリーマンが控えているのでしょうか?

まず、カントリーマンの B48 エンジンにはマイルド ハイブリッド パワー ユニットが搭載されていますが、クーパーのエンジンにはパッケージング上の制限により搭載されていません。

BMW MINI が数年後の軽いリフレッシュ(年次改良またはLCI)に向けて最終的にソフトウェアとハ​​ードウェアを微調整する余地が残るということ以外に、素晴らしい答えはありません。

また、DCT トランスミッションがより多くのトルクを処理できることがわかっているため、コンポーネントに関連した理由が MINI を妨げるものではないようです。

詳細は不明ですが、恐らくは排ガス規制などの問題が馬力アップを妨げているのか?BMW MINI GPの登場までお預け状態なのかもしれません。

ただし、微妙な改善点が 1 つあります。

トルクは 236 フィート ポンドから 258 フィート ポンドに増加し、車のうなり音が少し増えます。

そして、回転域でもピークが低くなります。以前の F56 JCW のトルクは最大 1,450 でした。B48A20O2 では、この変化が 1,250 rpm に達するため、最大出力がさらに即時的に得られます。

新型 BMW MINIクーパー JCW F66にはマニュアルトランスミッションの設定はありません

BMW MINI F66 JCW今更ですが、BMW MINI JCW F66mに6速マニュアルトランスミッションが設定されないことに驚くべきことではないでしょう。

BMW MINIはアメリカで6速MT仕様の再販売に合わせて教習所を開設

しかし、こちらの記事の様な人気を考えると、これは依然として衝撃的な展開です。

実際、私たちがこのニュースを独占的に報道して以来、MINI USA のマニュアル装着率は 50% 以上に上昇しました。

これは、MINI ブランドの歴史の大きな部分を占めており、ドライブを魅了する車を作るという MINI の中核となる哲学に深く組み込まれているため、多くの MINI の大ファンにとっては壊滅的な動きです。

新型BMW MINI クーパー F66 は機械的には F56 と同一であり、現在のゲトラグ 6 スピードを簡単に引き継ぐことができるという事実にもかかわらず、なぜ MINI はマニュアルを廃止するのでしょうか?

おそらくドライブトレインのコンポーネントを簡素化し、製造コストを削減することが目的でしょう。

新型BMW MINI クーパー F66 ギア セレクターは、コンソールからダッシュボードまで個別のトグル スイッチの形状に変化します。

その代わりに、JCW 専用ソフトウェアを備えた改良された 7 速デュアル クラッチ (DCT) が搭載され、シフト時間を短縮するためのより積極的なプログラミングが可能になります。

改良されたデュアル クラッチ トランスミッションは、現行のクーパーおよびクーパー S モデルで提供されているものとまったく同じで、2 つの部分トランスミッションを 1 つのハウジングに組み合わせています。

システムの中核要素は 2 つの油冷湿式クラッチで構成されます。

これらの 1 つは偶数変速比 (2、4、6) を担当し、もう 1 つは不等変速比 (1、3、5、7) を担当します。

走行中、2 つのクラッチのうちの 1 つは開き、もう 1 つは閉じます。これらは、ドライバーがシフトアップまたはシフトダウンするときに相互作用します。1 つのクラッチを開くと、同時に 2 つ目のクラッチが閉じます。

新型 BMW MINI クーパー JCW F66はセンターマフラー1本出し

BMW MINI F66 JCWもう一つの驚くべき動きとして、新型 BMW MINI JCW F66は大型のシングル パイプ エグゾーストに移行しています。

現行型 BMW MINI F56 クーパー S のエキゾースト設計は、「デュアル エキゾースト」が 1 つのエキゾーストからの 2 つの小さなパイプに過ぎないことを示しています。

なぜマフラーがセンター1本出しになるのか?

ほとんど知られていないことの 1 つは、MINI クーパー S と JCW には R56 以来シングル マフラー システムが採用されているということです。

これまでセンターマフラー2本出しであったのは、主に見た目の美しさのためです。

実際、長年にわたり、排気シングルパイプ設計を採用したBMW MINIのレースカーは数多くありました。

なぜ?尋ねると、彼らは一貫して、より電力効率が高く、軽量であると答えています。

つまり、レースカーと現代のパフォーマンスカーの両方にまさに求められるものです。

なぜこれまでのBMW MINIは1本出しマフラーを持たなかったのでしょうか?

それはマーケティングと非常に単純な概念に帰着します。

一般の自動車購入者にとって、2 本のマフラーは 1 本よりもパワーを感じさせるからです。

エンジンの馬力アップを行うこと難しい状況では、少し軽量化と排気効率の良さでトルクフルなエンジンを提供することになるでしょう。

【引用・参照元】