154ps アバルト500eへ試乗アバルト500から始まり595、695へとガソリンエンジンで進化したアバルト595系ですが、ついにイタリアではBEV(電気自動車)のアバルト500eが発売され、今回はその試乗記をダイジェスト版でお伝えします。

アバルト500eの新たなるホットハッチの試み

2023年頃電気自動車版アバルト595eが発売開始か?

名声と遺産を背負い、アバルト500eは電動パワートレインで新たな道を切り開く。ホットハッチの進化と、その特異性に注目。

近年のホットハッチ市場は高価かつ複雑。

モデルによっては英国で5万ポンドを超える例も。

技術の進歩で小型ボディにもレーシングカーの技術が注入されつつある。

アバルト500eの電動パワートレイン

154ps アバルト500eへ試乗アバルト500eはBEVのフィアット500eをベースに、独自のホットハッチ路線を追求。

内燃エンジン時代の手法を電動に応用し、駆動用バッテリーとモーターを共有する。

駆動用モーターは前に配置され、最高出力154psと最大トルク23.8kg-mを引き出す。

フロア下に敷き詰められる駆動用バッテリーは37.3kWhのリチウムイオン。

変更されたギア比と最適化された加速力と最高速度のバランスが、スポーティなスタイリングと相まって魅力を高めている。

アバルト500eの実力と走りの魅力

154ps アバルト500eへ試乗アバルト500eは内燃エンジンのアバルト695よりも優れた加速性能を持ち、サーキットでの走行も十分楽しめる。

シャシーの設定と重量配分の改良が動的能力を向上させており、スポーティな走りを提供。

一方で、航続距離は短くなったが、実用性は十分。

快適性と運転の楽しさが絶妙に調和し、日常道路での使い勝手も向上。サウンドジェネレータや異なるドライブモードも、ドライバーの体験を豊かにする。

総評: アバルト500eの新時代の到来

154ps アバルト500eへ試乗アバルト500eは電動パワートレインを取り入れながら、その独自の個性と魅力を保持している。

ホットハッチの新たな試みとして注目される一方で、内燃エンジンのアバルトと比較しても十分に楽しめる走りを提供。

航続距離や快適性の向上もあり、日常の使い勝手も向上している。

アバルト500eは、新たなるホットハッチの時代の到来を告げる存在だ。

【引用・参照元】

間違いなく面白い154ps アバルト500eへ試乗 毎日を笑顔にするホットなBEV 前編