やっと日本でも販売開始された新型アバルト595。ディーラーではデビューフェアということだったので試乗しようと行ってみたら試乗もなく展示車両はコンペチオーネの1台だけでガッカリでした。

新型アバルト595コンペチオーネはかなりスパルタン


こちらの記事のようにやっと新型アバルト595が日本で発売開始されたので現車を見るためにディーラーへ。ショールームのど真ん中に黄色い新型アバルト595コンペチオーネが待っていました。

フロント部分はやはりバンパーのデザインが一新されワイルド感が強調されています。吸気の取り入れ部分が多くなったらしいので、ターボの効きもも良くなっているハズ。

リアはやはりディフェーザーの形状がよりスパルタンなデザインに。バックフォグ&バックランプはリアバンパー内に移動していますね。相変わらずバックランプは左側ですが・・・(笑)

このマフラーは4本だしなのでレコードモンツアに交換済み?でしょうか?どんな爆音がするのか楽しみです。

このバケットシートは本格派です。かなり背中、膝下がタイトに作られています。座面も固めなので乗り心地はあまり想像したくありません。

特に座面のサイトサポートが高くなっている+座席位置が相変わらず高めに設定されているので乗り降りは今まで以上に大変な感じ。

狭い駐車場に車を停めたら、ドアは開いたけど降りられない、そんなこともありそうです。

このバケットシートの売りは実は背面です。ご覧のようにカーボンカバーで覆われています。これだけ見てもスパルタンな感じが満載ですが、運転している時は見えません(泣)

それとバケットシート背面にある赤い取っ手は何?ひょっとしてバケットシートを倒すためのレバー?イヤイヤ、こんなところに付いていたら外から手を入れ難いでしょう?後ろには乗るな!ってことですね。

真っ黒なホイルの裏には真っ赤なブレンボが顔を出しています。しかし、アバルトにブレンボを装着するとホイルにぎりぎり当たりそうなぐらいにすき間がないんですね。

これだとホイルを交換するときは慎重にサイズを計らないとホイルの内側をガリってしまいそうです。それともスペースを入れるのかな?

結局試乗車はありませんでした

結局ショールームに展示してあったアバルト595コンペチオーネの1台だけがフェアの2日前ぐらいに到着したそうです。なので、営業マンも試乗していないので何を聞いても「分かりません」だって。これで車を売ろうという根性がある意味すばらしい。

どうもディーラーへの配車に時間がかかっているようです。私はフィアット/アルファロメオがメインの店舗だったからかもしれません。アバルト専門店が優先して配車されているかもしれません。

試乗していない営業マンの話では、基本はマイナーチェンジなので乗り心地やボディの補強なども大きくは行われていないだろうとのこと。

ただし、ターボのタービンがギャレット製に変更されているので、以前よりドッカンターボの傾向が強いかもしれないとのこと。結局だれもこの店舗の人間は新型アバルト595コンペチオーネを運転していないので、何を聞いても「たぶん、こんな感じ」しか答えられない。

これじゃあ、雑誌の試乗記(インプレッション記事)を読んだ方が分かりやすいですよ(笑)

アバルト595ツーリズモに5速マニュアルが設定されていないというクレーム

私も営業マンにこのことを指摘するもう既に何人かのお客さんから同じクレームというか注文を受けているとのこと。

ベースグレード、コンペチオーネには5速マニュアルの設定があってなぜかツーリズモだけ5速マニュアルの設定がない。まあ、このタイミングでショールームに来たお客さんはマニアが多いと思いますので、相対的に5速マニュアルの設定を希望する人が存在するのかは不明。

前の型のアバルトには500cの5速マニュアル車が限定30台販売された実績があります。今回も限定者の販売を期待するしかありません。

または思い切って並行輸入するという方法もありますが、下取りとかを考えると二の足を踏みます。ちなみに、並行輸入車でもディーラーでは整備、点検を受け付けてくれるそうです(一見さんは難しいかも)

ぶっちゃけ、営業マンには595cツーリズモの5速マニュアル車が限定でも販売される時は声をかけてとお願いしてあります。

いつまでアバルトに乗っているかは分かりませんが、今私が欲しいのはマニュアルトランスミッションで乗れるオープンカー、かつ4名乗車できる車です。

キャンバストップだとオープンにして走っても恥ずかしくないので、ぜび新型アバルトには595cツーリズモの5速マニュアル車を設定されることを切に願います。