アバルト595という車は本当に運転を楽しめる車ですが、少し日本のクルマ好き理解できない部分もあります。一番理解できないのがシートポジションだと思います。

アバルト595のシートポジションは高すぎる

ABARTH(アバルト)のシートポジションを下げるためにRECARO SR-7Fに交換

私が以前所有していたアバルト500(ベースグレード)を手放すきっかけの一つはシートポジションを納得させることができなかったからです。

非常に小さなボディにかろうじて大人が4名乗れるスペースを確保するため、前席の搭乗者の足元スペースを確保するためにシート高を高く設定しています。

ザックリイメージを伝えると軽トラックを運転するようにペダルを真上から押す感じのドライビングポジションです。

日本のクルマ好きな方々の多くは低いシートポジションを好む傾向が強いと思いますが、それとは真逆なポジションを要求されるのがアバルト595です。

ぶっちゃけ「慣れ」という部分もあるとは思いますが、多くの方がシートポジション、ドライビングポジションに納得が出来ずにいろいろチャレンジされていることからも、悩みをお持ちなアバルトオーナーは少ないと思います。

アバルト純正サベルトシート専用ローポジションシートアダプター

(引用元:http://www.a-trucco.com/before/docs/parts/new-cinq/cinq-abrt_ld-seat-adpter.html

現にアバルト595コンペチオーネに標準装備されているサベルト製のセミバケットシートにはご覧のようにローポジションアダプターが存在し、販売されていることからもシートポジションが高くて困っているアバルトオーナーが多いことが分かります。

このローポジションアダプターを使用することで約2.5cmシート高を下げることができるそうです。

私がアバルト500にレカロシートを取り付けた際にもレカロシート対応のローポジションシートレールを取り付けましたが、その際も約2.5cmシート高が下げることができました。

この2.5cmって思うかもしれませんがシートの高さが2.5cmも下がると見える景色がまったく変わります。

また、今までペダルとの距離を思うように設定できなかったシートの前後位置も標準のシート高にくらべるとかなり改善されます。

しかし、アバルト595でサベルトシートが装備されているのはコンペチオーネだけですから、私のようにツーリズモやベースグレードを購入すると以前の私のようにレカロシートなどにシートを交換しなければシート高を下げることはできませんでした。

ついにアバルト純正シート専用ローポジションシートアダプターが発売される!

(引用元:http://www.a-trucco.com/before/docs/parts/new-cinq/stl.htm

そんな非コンペチオーネオーナーのために今回発売されたのが、アバルト純正シート専用ローポジションアダプターになります。

例えば・・・

このアバルト純正ノーマルシートのシート高を約2cm程度下げることができるそうです。

アバルト595Cツーリズモのカスタマイズを考える~レカロシート編

まだアバルト純正ノーマルシートポジションアダプターのレビューがネットには出てきていないので詳細は不明ですが、もし効果が高いのであれば、私が発注したアバルト595Cツーリズモのシートもレカロシートに交換する必要がなくなるかもしれません。

もう少し早くこのアバルト純正ノーマルシートポジションアダプターが発売されていれば、私もMYSで発注していますので最初のイメージ通りブラウンレザーの内装で発注したんですが。。。

レカロシートに交換することを前提にMYSで発注していますので、今回は赤レザーの内装でオーダーをしていますので少し複雑な気分です。。。

まあ、私の場合は以前レカロシートに交換した際にもまだシート高が高いと思っていましたので、レカロシートに交換してスーパーローポジションシートレール(約5cmダウン)を取り付けようと考えていましたので、やはり赤レザーの内装で成果だったのかもしれません。

もし、ノーマルシートの高さが高すぎると思っているアバルトオーナーはローポジションアダプターを検討されてみてはどうでしょうか?

【引用・参照元】