アバルト500 スペーサー

サスペンションをスピリット製の車高調に交換してから時間も少し経過したのでサスペンションも馴染んだ頃合いと思い、先日前輪、後輪ともにスペーサーを取り付けました。

アバルト500のスペーサーは前5mm、後ろ15mmが車検対応ギリギリ?

いつもお世話になっているショップにてアバルトにスペーサーを入れてツライチにしてみました。個人的にはスペーサーを入れるというのは初めてなんですがちゃんと商品を選んでプロに任せると不具合もなくフィッティングできました。

通常特にフロントにスペーサーをいれるとステアリングがブレるなどの不具合があると聞いていましたが、最近の商品の精度は高いそうで余程の粗悪品やサイズが合っていないものでなければ問題ないそうです。

実際に計測してもらってスペーサーの厚さを決めたのですが、基本的に車検対応=ディーラー入庫可能なサイズとなると、フロントが5mm、リアが15mmが限界のようです。

アバルト専門店さんがもっと攻めたサイズのスペーサーも販売されているようですが、タイヤの種類や車体の個体差でフェンダーからはみ出る可能性もあるとのことなので、無難なサイズでお願いしました。

MARS FIAT用S-TYPE 2枚1組(フロント:S05TP-A001/リア:S15TH-A001)

ショップに勧められたのがMARSというブランドのスペーサー。他のメーカーも勧められたのですが、メーカー在庫がなく納期が1ヶ月ぐらい先になるということで選択肢が他にはありませんでした・・・。

MARS FIAT用 15mm スペーサー S15TH-A001

こちらの写真がリアに15mmのスペーサーを入れる前と入れた後の比較写真。左がスペーサーを入れる前、右がスペーサーを入れた後の写真です。

さすがに15mmも外へ張り出したおかげで写真でも違いがハッキリ分かりますね。アバルト500はノーマル車高でもリアはかなり内側にタイヤが入っていますが、車高を下げるとさらに内側に入ります。

なので、車高を下げる場合は見た目重視ならスペーサーは入れたほうが良いと思います。ちなみに、私のアバルト500には595コンペチオーネの純正ホイルが取り付けてあります。

MARS FIAT用 5mm スペーサー S05TP-A001

こちらはフロントの写真。先程と同じで左がスペーサーを入れる前、右がスペーサーを入れた後の写真ですが、ぶっちゃけ違いが分かりません(笑)

実車を見比べるとなんとなく張り出したかな?という風に見えるんですが写真だとわかりづらいですね。元々ノーマルでもフロントはリアのように内側に入り込んでいなかったので、車高を下げてもあまり変化がないようです。

ショップからはフロントは無くても良いのでは?とも言われましたが、後悔するのと二度手間になるのがイヤだったので取付をお願いしました。

前後にスペーサーを入れると価格はどれぐらい?

アバルト 500 スペーサー 価格

これが今回のスペーサーの部品代+工賃で約4万円ですね。思ったよりも安かったです。もちろん、ロングボルトも付属しています。本当はアライメントの調整も必要なんですが、他の作業もあったのでその分はサービスしてもらえたのでラッキーです。

スペーサー装着後少し走った感想ですが、ステアリングのブレもなく快適です。また、想像していなかったのが乗り心地の改善。

スペーサーを入れる前と比べると明らかに足回りがちゃんと動いているのが感じられます。ワダチからのショックも少し少なくなった気がしますが、これはスペーサーを入れたことでトレッドが広がったことが原因でしょうか?

私がアバルトに対する不満のひとつが乗り心地の悪さでしたが、先日装着したリバンプラバーといい、今回のスペーサーといい、だんだん不満が解消されてますますアバルト500で走るのが楽しくなってきました!