アバルトのエンブレムをステッカーでカスタマイズするとイメージがこんなに変わります。

アバルトのエンブレムステッカーをイギリスから取り寄せる

アバルト595Cツーリズモ専用ハーフボディーカバーを海外通販で個人輸入

私は車をカスタマイズする際に国内だけではなく海外の通販サイトから購入することも珍しくありません。

今回アバルト595C ツーリズモを購入した際にも真っ先に海外(アメリカ)からハーフボディカバーを購入しています。

海外通販って言葉の問題がネックになると思われがちですが、基本的には住所の入力ぐらいで言葉に困ることは皆無です。

もちろん、日本みたいな丁寧なサービスは期待できませんので、その辺の理解があればトラブった時もGoogle翻訳で対応可能です(笑)

今回購入したのはイギリスにありますMS RACINGというサイトで購入しました。

ステッカー以外にもアバルトに関連するパーツなどがたくさん販売されていますので、一度覗いてみて下さい。

アバルトのエンブレムステッカーを貼ってみた

写真の下側がノーマルエンブレム、上側がステッカーを貼った状態です。

サイズもピッタリなので位置さえ間違わなければこれが純正のエンブレム?と思えるほどの出来栄えです。

MS RACINGで販売されているエンブレムステッカーはオーダーメードで色の選択も可能ですし、フロントエンブレム、リアエンブレム、サイドエンブレム、すべてのエンブレム分を発注することも可能です。

今回は私は黒地に金色のステッカーを発注し、かつフロントエンブレム、リアエンブレム、サイドエンブレムの3点セットで購入しました。

しかし、実際に納車されて車には70週年記念エンブレムが取り付けられていたのでサイドエンブレムのステッカーを貼るところがない・・・。

あまりにも先走って事前にステッカーを購入しておいたのが逆に仇になりました。。。

ちなみに、MS RACINGで購入すると日本に到着するまで約二ヶ月程度はかかります。

これはイギリスが遠いからだけではなく、MS RACINGさんの体制の問題だと思われます。(小さな会社だと思います)

なので、早めに発注したんですけどね。

なぜ黒地に金色のエンブレムステッカーを購入したのか?

もし黒いアバルト595をJPSカラーにラッピングしたらと妄想してみた

こちらの記事にも書きましたが、今回購入した黒いアバルトは、少しだけラッピングを行ってJPS仕様にカスタマイズしたいと思っています。

なので、その下準備としてエンブレムを黒地に金色のステッカーを貼ることにしました。

ラッピングを行うまでには、当分時間が必要だと思いますが、今回のエンブレムステッカーを貼ってみて、ますますJPS仕様にしたらかっこよくなるというイメージができました。

まずはラッピングデザインを自分で大まかにつくり、それをラッピング業者さんで図面に興してもらって初めてデザインが確定しますので、時間を見つけてラッピングの大まかなデザインを考えてみたいと思います。