Amazonで買い物する事が多い人は一度は経験しているやらせレビューで失敗した経験。このやらせレビューを見分けることができるらしいツールをご紹介。

Amazonのやらせレビューとは?

例えば、こちらのあまり聞いたことがないメーカーのSDカード。

32GBで1299円(記事執筆時)は安い方だと思いますので、32GBのSDカードを探されている方は購入を検討されると思います。

いくつかの商品と比較検討されている場合は、最終的にAmazonのレビューの評価を見て、どれを購入するかを判断される方が多いと思います。

確かにこの商品のレビューは4.1/5点満点ですから評価が高いことになりますが、実際には高評価のほとんどのレビューはやらせレビューであり、実際は1点台の評価だとしたらどうしますか?

昨今このレビューを販売者がサクラを使って意図的に操作していることをやらせレビューと言います。

やらせレビューを書いている方は1件書き込みいくらとか、レビュー商品を無償提供される見返りにレビューを書くなど手口は様々ですが、確かなことは嘘っぱちなレビューがAmazon内には蔓延しているということです。

Amazonやらせレビューを調べる「サクラチェッカー」とは?

先程のSDカードを今回紹介する「サクラチェッカー」というサイトで調べると本当の評価は1.71/5点という結果が出ました。

4.1点から1.71点ですから大幅に点数が低下しています。

評価点が4点台なら安心して購入しても良いと判断の目安になりますが、2点以下なのであれば信頼性が低いので購入を見送る判断をされる方が多くなると思います。

このサクラチェッカーは独自の分析方法でAmazonのレビューに書かれているレビューが本物か?偽物か?判別して教えてくれるサービスです。

もちろん、「サクラチェッカー」の使用料は無料なので、誰でも簡単に調べることができます。

「サクラチェッカー」でやらせレビューを調べる方法は簡単です。

「サクラチェッカー」サイトにアクセスして調べたいAmazonの商品のURLをコピーして指定の場所へ貼り付けるだけ。

これであなたが購入を検討しているAmazonの商品のレビューがどのくらい信用できるのかを調べて安心して買い物をすることが出来そうです。

やらせレビューには一定の傾向がある?

私も毎月何度かAmazonで買い物をしますので、ある程度怪しいと思われる商品の購入を避ける方法を実行しています。

販売者がAmazon以外の商品(マーケットプレイス)

Amazonで商品を購入する場合、販売者がAmazonの場合とAmazonではない場合があります。

Amazon以外の販売者はマーケットプレイスと呼ばれる販売者ですが、ここのレビューが基本的に怪しい傾向にあります。

マーケットプレイスの販売者が海外在住の人(店)

マーケットプレイスで出品されている商品を購入する際は、必ず出品者情報を確認してください。

一定の割合で海外在住の人(店)の記載がある商品はレビューが怪しいことが多いです。

また、海外在住の人(店)の場合は発送事態も海外からの場合がありますので、商品が到着するまで数週間かかる場合がほとんどですから合わせて注意が必要です。

レビューの評価点が星1つ(1点)の割合が10%を超える商品

当たり前ですがやらせレビューは高評価のレビューしか書きません。

なので、やらせレビューが蔓延しているAmazonの商品の中で星1つ(1点)の評価が全体の10%を超える場合はリアルに評判が悪いことになりますので購入は慎重に考えるようにしています。

 

たったこれだけのことでも、信頼性の低い商品を購入してしまうリスクをある程度回避することが可能です。

さらに判断に迷う場合は、今回紹介した「サクラチェッカー」のサイトで調べるとより精度が上がるのではないでしょうか?

【本日ご紹介したサイト】

「サクラチェッカー」のサイトはこちらへ