CM 偏差値 40 電通

ブロガーとして有名な「はあちゅうさん」のつぶやきが少し話題になっています。話題というより炎上ですかね。しかし、このつぶやきはそんな炎上するようなことは書かれていないと思います。私なりに分析してみます。

なぜ炎上したのか?


こちらが話題の「はあちゅうさん」のつぶやきです。恐らく炎上した理由は・・・

・偏差値40
・この会社にいる時点で普通でないと自覚(=頭が良い)
・(日本には)おそるべき量のバカがいる

この辺のキーワードが独り歩きして炎上していると思います。「はあちゅうさん」は有名なブロガーさんなので戦略的にこれらのキーワードをいれてつぶやいたと思います。(炎上して「ガッツポーズ」しているかな?)

しかし、じっくりこの文章を読んでみると別に炎上するようなことは書いていないと思います。言い方には問題がありますが、情報発信する人からすれば、これは「基本のキ」なんですよ。

ブログでアクセスを集めるコツは「知ったかブル」こと

私がブログでアフィリエイトを初めた頃にある有名なブロガーさんと仲良くなったのですが、その方からいつもこのように言われていました。

「初心者を強調してはダメですよ」

私は当時アクセスアップのノウハウを実践形式で書いていたのですが、当然初心者なので知識もレベルも低いノウハウしか書けませんでした。なので、初心者でもいっしょにがんばりましょう!的な文章を書いていました。

それでもその有名なブロガーとは仲良くお付き合いさせていただいていたんですが、ある時にこんなことを言われました。

「◯◯さん(私のこと)が知っていることを知らない人も大勢いる。いや、◯◯さんが知っていることを知らない人の方が多いのだから、その◯◯さんが知っていることを知らない人に少し偉そうに記事を書けばよいのでは?」

この時に私はピンっと来たんです。情報を探している人は自分自身が知らない情報を探している。だから、自分自身が知っている情報はスルーするけど、知らないことが書かれた情報は読んでもらえる。

だから、「知識は少なくても私はこんなに知っているんですよ。あなたはこんなこと知っていますか?」という書き方をしなければ記事は読まれない。

今から思うと当たり前のことです。知らない人は知っている人を感謝する。だから記事を読む。そして、読者になりリピートする。

だから、ブロガーだけではなく、情報発信する人はその情報を知らない人向けに記事をかかなければいけない。これがブロガーの「基本のキ」です。今回の「はあちゅうさん」のつぶやきはそういうことを少しキャッチャーな言葉でつぶやいただけなんです。

ブログもビジネスも考え方は同じ


こちらで紹介されている記事を読めば、前段で私が言いたかったことが整理されて書かれているのでご参考に。

この記事にも書かれている通り、ビジネスにおいて10人を相手にするのか?100人を相手にするのか?と言われれば普通は100人を相手にした方がビジネス的に成功する確率が高いですね。

ニッチなものを売る場合は別ですが、最大公約数的なものは分母が大きいほどビジネスも大きくなる。

今回の「はあちゅうさん」のつぶやきをビジネス視点で書き換えると以下のような文章になると思います。

「労働人口の2%程度しかいない年収1,000万円以上の電通のサラリーマンにしか買えない物を売るよりも、日本のサラリーマンの平均年収は400万円なのでその層の人に売れるようなものを売りなさい。」

こんな感じでしょうか?これって当たり前のことですよね。「偏差値」というキーワードを「年収」に置き換えただけです。

これが今回の「はあちゅうさん」のつぶやきの正体です。そして、年収400万円の家庭には家庭ごとにいろいろな背景があって、教育にお金をかける人もいれば、趣味にお金をかける人もいる。どちらが良くて、どちらが悪い訳でもない。

そういう自由にできるという現状を「はあちゅうさん」は好きだ、ということではないでしょうか?

ネットにはいろんな情報があふれていますが、それをそのまま鵜呑みにするのではなく、自分自身で解釈する、そんな力を現代の社会では問われているのではないでしょうか?

【推薦図書】

ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック