嫁さんが諸般事情で車を乗り換えることになったので、候補に上げた車を順番に試乗、見積もりする予定ですが、まずは最初に試乗が出来たトヨタ ヤリスクロスについて分かったことをお伝えします。

嫁さんの希望の車を今後順番に試乗する予定

こちらの記事でお伝えした通り嫁さんの車を乗り換えることになりました。

既に候補の車を数台に絞り込んでいますので順番に試乗して行くことになっています。

今回の嫁さんの車の候補になっている車は以下の通りです。

  • トヨタ・ライズ
  • トヨタ・ヤリスクロス
  • マツダ・CX-3
  • スズキ・クロスビー

このように嫁さんのリクエストは小さい車、ハンドルが軽い車、SUV系の車またはアイポイントの高い車となっています。

現在所有しているBMW X2 F39よりも小さくて、ハンドルが軽くて、同じようなデザインまたはアイポイントの高い車という事を考えると選択肢はこのぐらいしかないのかな?と思います。

今回軽自動車は嫁さんからNGと聞いていますので、そうなるとSUV系な車の小さな車(全幅が1800mm以下)だと選択肢はかなり狭まります。

単純に小さい(全幅が狭い)車ということであれば軽自動車が最適ですが、軽自動車がNGとなると普通車、それもSUV系の車から探すことになりますが、基本的にSUV系の車は大型な車が人気なので大抵の車が現在所有しているBMW X2 F39と同等か、それ以上の全幅になってしまうので必然的に選択肢が狭くなります。

逆に考えると選択肢が少ない分、あまり悩まなくても良いということになりますので、これらの車の試乗を順次行っていきたいと思います。

トヨタ・ヤリス ハイブリッドの試乗車が無かったのでガソリン車で試乗

トヨタ・ヤリスクロスの場合はトヨタ系列の全て?のディーラーで取り扱っているので、自宅近隣のトヨタディーラーに電話で確認するとハイブリッド車の試乗車が直ぐには手配できないということで、仕方なくガソリンモデルの試乗車があったディーラーへ向かいます。

試乗は嫁さんが行い、ディーラーの営業マンが助手席、私は後部座席に乗車して早速試乗がスタートしました。

自宅付近のディーラーということで試乗コースも普段走っている道を走ることになるので、現在の愛車であるBMW X2 F39と比較しやすい状態だと思います。

本音の嫁さんの感想はディーラーでは聞けないので帰宅後に試乗の感想を聞いてみると・・・

  • 思ったほどハンドルは軽くない
  • 予想以上に馬力がない
  • 車両価格と比較して内装の質感が低い

こんな感想を持ったようですが、私も後部座席に乗って思ったことは車両本体価格が260万円の車としては質感が低いと感じました。

特にシートの表皮などに安っぽさを感じました。

よくよく考えれば通常のハッチバックのヤリスであれば、安いグレードであれば車両本体価格が150万円台から購入出来るので、それをベースにした車であると考えると価格にふさわしい内装だと思いますが、安いグレードから約100万円も高い車になっているということを考えると、もう少し内装にコストをかけても良いのかな?と思いました。

また後輪のバタつき、突き上げも後部座席に乗っている私には気になった点ということになります。

馬力に関しては、後日ヤリスクロスのハイブリッド版を用意してもらうことになっているので、そこで嫁さんの感想がどのように変化するのか?で評価が変わってくると思います。

トヨタ・ヤリスクロス ハイブリッドの見積もりと納車と営業マンの対応が驚き

トヨタ・ヤリスクロスの試乗が終わった後に見積もりを作ってもらいました。

オプションはあまり吟味していない状態で営業さん曰く、ほぼフルオプションに近い状態で作ってもらいましたので、実際に購入することになった場合は多少オプション金額が減る可能性はあります。

まず見積もりを作ってもらって一番驚いたことは私が価格のことは一切話していないにも関わらず値引き欄に20万円+端数の数字を記入して支払総額を310万円ジャストで提示してきたことです。

ヤリスクロスは日本で一番売れているヤリス系の1車種であることを考えると初見の顧客相手に車両本体価格の約7%もの値引きを提示しなくても売れる車だと思います。

今回は試乗のみで価格交渉も他社の車を検討していることも伝えていない状態でこの値引き額を提示してくるということは、もう少し価格交渉を行えばもっと値引き額を増やすことが出来る可能性が高いということになります。

いつからトヨタは昔のマツダみたいな値引き勝負な商売の方法になったのでしょうか?

次に驚いたことはヤリスクロス ハイブリッドの納期です。

事前にトヨタ自動車のHPに記載されている納期情報を確認してはいましたが、HPには半年以上と記載されていました。

しかしこのような場合の情報は大げさに記載しておかないと顧客からのクレームになるので個人的には半年程度で納車されるだろうと思っていましたが、ヤリスクロス ハイブリッドの場合は来年の11月頃になる予定ですとのこと。

いや商談しているのが11月なので今発注しても納車は1年後になるというとんでもない事実にかなり驚きました。

国産車の納期が長くなっていることは知っていましたし、その中でもトヨタの納期が顕著に長くなっているという話も聞いていましたし、その中でもハイブリッドはさらに納期が長いとは聞いていましたが、まさかトヨタの高級車でもない大衆車の納期が1年っていうのはかなり衝撃的な事実でした。

そして最後に驚いたのは試乗し見積もりまでした私達の住所も名前でも電話番号も聞かれなかったこと。

逆にこちらが心配になって営業マンにアンケートなどの記載しなくても良いのですか?と聞いても「いや、結構です」と即答されました。

過去いろんな自動車ディーラーで試乗や見積もりをしてもらいましたが、名前も住所も電話番号も聞かれなかったのは初めての経験です。

結局試乗や見積もりは顧客に依頼されるからしているだけで本気で売りたいとは思っていない。

納期が1年もかかる車なのでそれでも欲しい人は購入してください的な状態なんだと思います。

殿様商売といえば殿様商売のように見えますし、納期が1年という異常な状態では無理なセールスもしずらいというのが本音なのかもしれません。

また次の車が試乗出来たらブログでもお伝えしますが、トヨタ以外のディーラーはどのような対応をしてくれるのか?

何か違う意味での面白さが今回の嫁さんの車探しの楽しみになってしまったような感じです。