BMW初のコンパクトセダンである2シリーズ グランクーペ F44が日本でも正式に発売が発表されました。

一番の目玉はM235i xDrive

BMW M235i xDrive グランクーペ F44 日本発売発表~納車は2020年4月より価格は?

既に日本でも外見のみ公開されていたBMW 2シリーズ グランクーペ F44の発売が正式に発表されました。

実質的には218i グランクーペとM235i xDrive グランクーペの2グレードが用意されていますが、私達が気になるのはやっぱりM235i グランクーペ F44ですね。

直列4気筒2000ccエンジンを搭載し、306馬力を絞り出しその駆動はBMW得意のxDriveというAWD(全輪駆動)方式を採用したホットセダンです。

ライバルは当然メルセデスCLA AMGということになるのですが、ぶっちゃけポテンシャル、デザインともにBMWの圧勝ではないか?と個人的には思っています。

BMWのM235iなどのグレード名の前にMの文字が加わるモデルはMモデルの弟分という位置づけのMパフォーマンスモデルとして今後もどんどん各シリーズに投入予定です。

Mモデルほど過激ではないがより実用性とハイパフォーマンスを高いレベルで融合させたモデル。

もちろん、開発はM社が行っていますのでそのパフォーマンスと品質はAMGの比ではないことはBMWならお分かりの通りです。

M235i グランクーペ F44の主な特徴

MパフォーマンスモデルであるM235i xDriveは218i グランクーペと比較してもかなりの違いがあります。

エクステリア編

  • メッシュデザイン・キドニーグリル
  • Mスポーツエキゾーストシステム
  • Mエアロダイナミックスパッケージ
  • Mリアスポイラー

特筆するのはやはりMスポーツエキゾーストシステム。

エキゾーストバルブ機構を活用しエンジン走行モードに合わせた音色を奏でます。

簡単に言えば、バルブ開放でマフラー音が爆音になるということ。

インテリア編

  • Mスポーツシート(運転席&助手席)
  • マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリングホイール
  • イルミネーテッド・インテリアトリム「ボストン」
  • Mシートベルト

インテリアに関しては他のシリーズのMパフォーマンスモデル、またはM sportモデルとほぼ同じ装備内容ですね。

最近は特にBMWのインテリアは金太郎飴状態なのでどの車に乗っても操作に困らないという利点があります。

パフォーマンス

  • Mスポーツステアリング
  • 8速スポーツ・オートマチック。トランスミッション
  • xDrive
  • Mスポーツサスペンション

パフォーマンスに関してはxDriveが特質すべきポイントです。

ただし、元々FRモデルある他のBMWと違いFFベースのxDriveであるため、基本的にはFFで駆動し必要に応じて後輪に駆動力を配分させていく方式になります。

この辺はFRベースのxDriveとは仕組みが違うと思いますので実車のインプレッションを早く聞いて確認したい所です。

BMW M235i xDrive グランクーペ F44の665万円は高いのか?安いのか?

何と比較するかによって高いか?安いか?の判断が変わってくると思います。

同じ2シリーズのクーペモデルのMパフォーマンスモデルであるM240i クーペは価格が714万円になります。

M235i xDrive グランクーペとの価格差は約50万円となりM240i クーペより安いということになります。

両車の違いはエンジンが4気筒ターボ or 6気筒ターボ、ドアの枚数が2枚 or 4枚、駆動方式がFR or AWDとこの3が大きな違いになります。

一番の違いはエンジンでありBMW=6気筒という考えがあるのであれば50万円差であればM240の方が魅力的に感じると思います。

その代わり、ドアが2枚ということで実用性は多少犠牲になるので、6気筒エンジンを優先するか?4枚ドアを優先するのか?がポイントになりそうですね。

2000cc4気筒ターボエンジンで306馬力を叩き出すパフォーマンスは順分であると考えるのであれば、50万円の価格差でオプションを追加したり、カスタマイズ費用に活用することでお得感はアップします。

小型のカッコいい、速い4ドアを検討されているのであれば、M235i xDriveは安い買い物と言えると思います。