BMW 2シリーズ グランクーペ F74がアメリカでもスクープされるBMWの最新モデル、2025年型BMW 2シリーズ グランクーペ(F74)がアメリカでスクープされました。最新のスクープ写真によれば、この次世代モデルはより洗練された外観とモダンな内装を備えており、現行型より人気が高まるかもしれません。

BMW 2シリーズグランクーペ F74のデザイン

新型BMW 2シリーズグランクーペ F74のフルモデルチェンジの時期は?

Instagramのスパイ写真アカウント、Kindel Autoが公開した最新のスクープ画像によれば、新型BMW 2シリーズグランクーペ F74は進化的なデザインを採用しています。

傾斜のついたリアウインドウとスリムなシルエットはそのままに、新しいデザイン要素が加えられ、より洗練された外観が実現されています。

また、プロトタイプが着用しているテールライトは、製品版に近いものであると考えられています。

BMW 2シリーズグランクーペ F74のインテリア

BMW X2 U10が発表される~発売は2024年春ごろに販売開始

2023年末にKindel Autoが投稿したインテリアの画像により、新型グランクーペの内部も一部明らかになりました。

BMWの新しい曲線状ディスプレイが採用され、新型X2と同じステアリングホイールが見受けられます。

これにより、ユーザーは先進的で快適な運転体験が期待できそうです。

基本的にはインテリアに関しては、既に発売されているBMW X2 U10のインテリアに共通したデザインになります。

BMWのFF車のラインナップであるBMW2シリーズ、1シリーズはインテリアに関しては、兄弟車と言えるほどにインテリアの部品を共有します。

BMW 2シリーズグランクーペ F74生産開始は2024年11月

BMW 2シリーズ グランクーペ F74がアメリカでもスクープされる(引用元:instagram.com

BMWのファンが待ち望んだ新型2シリーズ グランクーペ F74は、リーク情報によれば2024年11月に生産が開始される見込みです。

これにより、モデルは2025年に市場に登場する予定で、自動車愛好者は新しいBMWのテクノロジーとデザインに期待を寄せています。

次世代の2シリーズグランクーペ F74は、現行のUKL2プラットフォームを進化させたものをベースにしていると考えられます。

これにより、フロントホイールドライブ設定が維持され、一部のグレードではオールホイールドライブ(xDrive)が採用されるでしょう。

パワートレインについては詳細はまだ不明ですが、48Vのマイルドハイブリッドを備えた複数のエンジンオプションが期待されます。

エンジンは3気筒ガソリンエンジン車、4気筒ガソリンエンジン車のマイルドハイブリッド車が主なラインナップになります。

日本では3気筒ガソリンエンジン車の代わりに4気筒ディーゼルエンジン車が導入される可能性がありますが、世界的にはディーゼルエンジン車はあまりラインナップには加わらないと思われます。

BMW 2シリーズグランクーペ F74の価格は?

現行モデルのBMW 2シリーズ グランクーペ F44は2019年に初公開され、2020年にオーストラリアで販売がスタートしました。

昨年、BMWはオーストラリアで1132台を販売し、関連する1シリーズ ハッチバック F40は1755台を販売しました。

新型モデルの登場により、BMWはその成功を更に拡大し、競争激化する市場で存在感を示すことが期待されます。

総じて、2025年型BMW 2シリーズ グランクーペ F74のスクープ情報はBMWファンが気になる情報の1つです。

新しいテクノロジー、デザイン、そしてパフォーマンスが組み合わさり、BMWの最も手頃な4ドア車が一段と進化する様子が楽しみです。

現在日本で新車として一番価格が安いBMWは2シリーズアクティブツアラー U06(税込み約500万円)ですが、新型BMW 2シリーズグランクーペ F74は、2シリーズアクティブツアラー U06並みの低価格で購入できる4ドアクーペになると思われます。

Reference:carexpert.com