BMW i1シリーズの発売の可能性を認めるBMWは現在各シリーズにICE(内燃機関車)とEV(電気自動車)をラインナップしていますが、小型の1シリーズにおいても将来EV車を設定することを認めました。

BMW 1シリーズは2025年にもF70へフルモデルチェンジ

BMW MINIから次期型 EV コンセプトモデル「エースマン」を発表

BMWの取締役会メンバーであるIlka Horstmeier氏は、彼らが市場のすべてのセグメントで存在し続けたいと述べ、1シリーズの電動後継モデルを導入する計画があることを明らかにしました。

BMW 1シリーズのF40は、通常のライフサイクルよりも短いライフサイクルでF70型へモデルチェンジを受ける予定ですが、ドイツのハッチバックのファンは既にそれが将来も生き残るかどうかを心配しています。

幸いなことに、BMWは1シリーズの電動後継モデルを導入する計画を立てているようです。

BMW AGの取締役会メンバーであるIlka Horstmeier氏は、イタリアのメディアQuattroruoteのインタビューにて、BMWは「すべてのセグメント」でモデルを提供し続けたいと述べました。

電動の1シリーズや他のコンパクトEVについて尋ねられた際、Horstmeier氏は次のように述べています。

「まず第一に、私たちはプレミアム市場セグメントで商品を提供していますが、お客様の中にはそのセグメントとは異なるお客様がいらっしゃいます。

しかし、私たちはモデルレンジ全体に焦点を当てています。

私たちはハイエンドだけに焦点を当てていません。

シリーズ1からロールス・ロイス、ミニからロールス・ロイスまで、お客様にはすべてのセグメントで提供したいと考えています。

私は本当に、すべての人がプレミアムセグメントでBMWを購入する機会があるべきだと信じています。」

BMW1シリーズは生き残りをかけてEV化される

これらのコメントは、BMWが現行の1シリーズの生産が終了する後もコンパクトセグメントを見捨てない意向であることを示します。

F40世代のモデルは2019年にデビューし、2024年にはフェイスリフトを受ける予定であり、少なくとも数年は生き残る見込みです。

これにより、BMW i1が今後のEVラインアップのエントリーポイントとして、2020年代後半に登場する可能性があります。

まだ次世代のコンパクトEVにどのボディスタイルを選ぶかはわかりませんが、私たちの予測的なイラストでは、ビジョンネオクラッセコンセプトで導入されたデザイン言語に基づく5ドアハッチバックが描いています。

このコンパクトモデルは、BMW iX1/iX2 SUVや電動ミニクーパー/カントリーマンと同じ基盤を共有するか、新しいEV専用のアーキテクチャを採用する可能性があります。

BMW i1の競合車は、同じく2020年代末までにEV専用に移行する予定の次世代Audi A3やメルセデス・ベンツ A-Classも含まれます。また、ステラアトランティスブランドからもプレミアムなコンパクトハッチバックが登場する見込みであり、次世代DS 4や今後のランチャ デルタ、噂されているアルファロメオジュリエッタなどが競合する可能性があります。

水素のニュアンスを持つ電動の未来

Horstmeier氏は、BMWが「バッテリーのコストを削減するために一生懸命取り組んでいる」と述べ、これは「近い将来の最も重要なトピックの1つ」であり、EVの走行範囲を延ばすことと並んでいます。

Horstmeier氏は、充電インフラが速く成長し、充電容量と速度が向上することを期待しています。

この文脈で、BMWは、お客様のニーズに応じて小型と大型のバッテリーパックの選択肢を提供したいと考えています。

この戦略により、超長距離のドライブ範囲が必要でない顧客向けにはエントリーレベルモデルの低価格化を実現できます。

Horstmeier氏は、BMWが将来の選択肢として水素も検討していると述べました。

BMWはトヨタと提携して水素技術の研究開発を加速させており、今年早くもBMWはiX5 FCEVの小規模な試験のために導入しました。

さらに、ノイエ クラッセプラットフォームが2030年までにシリーズ生産モデルが登場する前に水素パワートレインと互換性があることが確認されています。

【引用・参照元】