私が購入を断念したBMW M4CSがショップに入庫したということで、今更ではありますが見学に行ってきました。

やはり私はBMW M4 CSで無くても良かったと思う

私がBMW M4 CSの購入を断念したたった1つ理由

こちらの記事でも書きましたが、私はBMW M4 CSを購入直前でキャンセルしました。

キャンセルと言っても契約書も何もないので購入権利を放棄した、の方が正確かもしれません。

とは言え、BMW M4 CSがどんな車なのかは興味がありますので実車を見学するためにショップへ。

ボディーカラーがブラックという段階で私の希望にはそぐわない車ですから、今更現車を見て後悔することはありませんが、最初の印象としては「普通」な感じでオーラが感じられませんでした。

やっぱりボンネットがカーボンボンネットでない

まだビニールがかかった状態でこちらのショップに搬入されたこのBMW M4 CS。

ブラックボディのインナーブラックのヘッドライトということで、これだけだとLCI後のBMW M4と同じです。

もちろん、フロントリップスポイラーはCS専用パーツなので差別化はされていますが、日本仕様はカーボンボンネットではなく、ノーマルのM4と同じデザインのアルミ製ボンネット。

私はてっきりCS専用のデザインのアルミ製のボンネットだと思っていたので、残念感がこの状態でMAXです。

とは言え、このCS専用のカーボンリップスポイラーはMパフォーマンスのカーボンリップスポイラーとは明確に違うこと、またGTSのような迫力がないのも個人的には好みです。

実際にカーボンリップスポイラーにも触ってみましたが、裏側の処理もしっかり筒状に作られているのでガッチリ感がハンパないです。

通常は1枚ものでデザインされていますが、裏側まで筒状に成形されていることから、コストがかかっていることは分かります。

これなら、CS専用カーボン製リップスポイラーだけ取り付けるのも有りだと思います。

なぜ、トランクスポイラーがこの位置なのか?

この写真を見て違和感がありませんか?

元々M4のトランクはダックテール形状になっています。

MパフォーマンスのM4トランクスポイラーはそのダックテール形状に合わせたフィッティングになっていますが、CS用のトランクスポイラーはトランクエンドの手前に取り付けられています。

ダックテール形状でスポイラー的なデザインの手前に、さらにスポイラーが取り付けられている感じがします。

空力的にはこの方が効果が高いのかもしれませんが、デザイン的にはイマイチな感じがします。

私がBMW M4 コンペティションに取り付ける際には、取り付け位置を要検討した方がよいと思います。

ボディーカラーがライムロックグレーメタリックだったら・・・

このBMW M4 CSは初期発注モデルなのでライムロックグレーメタリックは選択できませんでした。

こちらのオーナーは一番人気と思われるタンザナイトブルーをあえて選ばず、ブラックを選択されています。

無難に選ぶのであればブラックかアルピンホワイトだと思いますので、無難にブラックを選ばれたのでしょう。

私だって自分で見たことがない色を発注するのは勇気がいりますので、その気持はよく分かります。

ライムロックグレーメタリックのBMW M4 CSを見ることができるのは、随分と先になると思いますが、できればライムロックグレーメタリックも見てみたいです。

BMW M4 コンペティションをインディビジュアルでライムロックグレーメタリックに塗装できないか聞いてみた

現状ではライムロックグレーメタリックをインディビジュアルで発注するのも無理のようですが、今後のためにもどこかで1度は見てみたい。

アルピナ B3 Sツーリングのインディビジュアル仕様?ナルドグレー

アウディが本家本元ですが、これからグレー系のボディーカラーは流行ると思います。

なので、どこかで1度はライムロックグレーメタリックの本物を今後のためにも見てみたいと思いますが、実際に見れるのはいつになることやら。