最新の次期BMW M2 G87のテスト車両がスクープされました。

豪雪地でテストを行うBMW M2 G87

BMW M2 G87の初スクープ写真公開!

こちらの記事で初めて目撃された次期BMW M2 G87のテスト車両ですが、現在は豪雪地域での寒冷地テストが行われている模様です。

まだベース車両の2シリーズクーペ G42も発売されていないことから、ボディを覆う偽装はかなり分厚い状態でテストが行われています。

この分厚い偽装の写真を見るだけでも次期M2がハイパフォーマンスモデルであることが分かりますね。

大きく張り出したオーバーフェンダーは数センチはボディより張り出していることが分かります。

またボンネット中央にある大きな膨らみは、ボンネットに収まらない大きなエンジンが搭載されることを表しています。

そしてホイールの中にあるブレーキキャリパーの大きさからエンジンパワーの大きさを想像することが出来ます。

今からでもかなり期待が持てる次期M2 G87ですが、登場は2022年末ごろまで待つ必要があります。

今からでもかなり楽しみな1台になりそうな予感ですね。

BMW M2 G87の大きな問題点

今からでもかなり大きな期待が持てる次期M2 G87ですが、唯一問題になる箇所が存在します。

それがキドニーグリルの大きさです。

BMW M3セダン G80/M4クーペ G82 日本での販売が開始

先日日本でも販売が開始された新型M3 G80/M4 G82ですが、市場での評価は未だにハッキリとしていません。

あの大きなキドニーグリルが賛否両論を巻き起こしているためです。

しかし、車としての評価は悪くはなく正常進化型のM3/M4だという意見が多いのも事実。

せっかく性能面では評価が高まっているM3/M4なのですが、あのキドニーグリルのおかげで車全体の評価までも微妙になっているのは少し問題です。

ぶっちゃけ、私がもし新型のM3/M4を購入することになった場合は、ボディカラーを濃いめの色で選ぶことであのキドニーグリルを目立たないようにする必要があると考えます。

なので、次期M2 G87に関しても分厚い偽装の中にどんなキドニーグリルが隠れているのか?

それがい一番心配になる部分であります。

2シリーズクーペ G42は1シリーズな顔らしい

BMW2シリーズクーペ G42 いきなり偽装なしでスクープされる~これがM2 G87の原型か?

こちらの記事で紹介している写真が次期2シリーズクーペ G42と言われている写真です。

この写真を見る限りではキドニーグリルは横型のワイドなデザインになっています。

おそらくは現行型の1シリーズ F40に近いデザインのキドニーグリルをつけることで、シリーズとして同様なデザインを演出していると思われます。

なので、次期M2 G87はこの写真の2シリーズクーペがベースになることを考えるとM3 G80系のような縦型の大きなキドニーグリルが採用される可能性は低いと考えることも出来ます。

しかし、M3セダン G80の場合は3シリーズセダン G20とのデザインの共通性を無視して4シリーズクーペの流れを組むあの縦型の大きなキドニーグリルを採用した例もあります。

なので、今現在では次期M2 G87のキドニーグリルがどのようにデザインされているのか?は全く予想が出来ない状況です。

あの縦型の大きなキドニーグリルにするぐらいなら、1シリーズのような横型ワイドなキドニーグリルの方がまだ許容出来ると思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

【引用・参照元】