先日公式に発表されたBMW M3ツーリング G81のテスト車両の動画が公開されました。

ついにBMW M3ツーリング G81の開発始まる

【歓迎】BMW M3ツーリング G81の発売決定(公式発表)

先日唐突に発表されたBMW M3ツーリング G81の開発ですが、既にテスト用の開発車両も準備が整いテスト走行が開始された模様。

今回公開された動画はBMWが公式に公開した走るBMW M3ツーリング G81の動画です。

M3ツーリングは長年開発の噂があった車両ではありますが、拡販が難しいとしたマーケティング調査の結果やMモデルにふさわしくないという理由で先送りされてきました。

しかし、今回はマーケティング的な拡販よりもMモデルの拡大を優先した結果、M3ツーリング G81の開発にGOサインが出たのではないか?と思われます。

なにせBMW Mモデルは利益率が高い商品ですからねえ。

そして、このM3ツーリングの映像から想像すると、必然的に間もなく公式発表されるM3セダンのデザインも予想することが可能。

ボディに関してはM3セダンの前半分を活かした状態でM3ツーリングは開発が行われますので。

M3ツーリングはM3セダン同様にオーバーフェンダー仕様

M3ツーリング G81のデザインの特徴はリアテールゲート周辺に集中します。

基本的にはボディ前半部は近日公開されるM3セダン G80と共通になるのは、G20型3シリーズセダンとG21型3シリーズツーリングの関係と同じですので。

そしてこちらの写真をみれば分かりますが、M3ツーリング G81のリアフェンダーはオーバーフェンダー仕様のデザインになっています。

これはM3セダン G80と同じデザインであり、後部ドアまでの同系がM3セダンと同等という証明にもなります。

G82型M4クーペでは後部ドアがありませんので前方からなだらかに後部側へ広がりを付けることができますが、G80型M3セダン&G81型M3ツーリングでは、後部ドアの関係でそれができない。

なので後部ドア後方のリアのホイールアーチ周辺から急激に盛り上がったフェンダーアーチが登場します。

デザイン的なアイキャッチになるので個人的にはこのデザインはカッコいいと思いますので、セダン、ツーリング共にカッコいいデザインで登場してくれると期待しています。

M3ツーリング G81に関してはコンペティションのみの展開か?


以前にも私の記事でお伝えしましたが、M3ツーリング G81においてはFR+MT仕様のモデルは設定されずに、AWD+ATのみのコンペティションモデルのみが設定されると予想されます。

新型のM3セダン&M4クーペにはドリフトモデルとしてFR+MTのモデルが設定される予定ですが、ツーリングの性格上ドリフトモデルは似合わないと思います。

よってM3セダン&M4クーペのようにFR+MT仕様とAWD+AT仕様の二系統のモデルは用意されずにAWD+ATの仕様に一本化されると考えられます。

その結果、M3ツーリングの価格帯はセダンやクーペよりも高いモデルのみの設定になるため、購入する側から考えると少し購入しづらいモデルになる可能性があります。

しかし、現実問題としてここまで速いツーリングモデルを購入する層はドリフトには興味がない(興味があればセダンかクーペを購入する?)ので、正しい選択だとも言えます。

個人的にはツーリングでドリフトってロマンがあると思いますが、私はドリフトなんて出来ないのでAWD+AT仕様のツーリングで十分だと思いますが、あなたはどう思われますか?

この投稿をInstagramで見る

 

BMW M GmbH(@bmwm)がシェアした投稿

【引用・参照元】

BMW M3 Touring: Erlkönig-Video zeigt Power-Kombi G81