新型 BMW MINI J01 MINI、U25 MINI クロスオーバー(電気およびガソリン)、J05 MINI Aceman(電気)、ガソリンモデルのMINI Cooper(F66)う。新型BMW MINIの新しいデジタル体験とMINI OS9の舞台裏には、驚くべき技術が隠されているようです。

2023年にも発売される新型BMW MINIのセンターディプレイに有機LED(OLED)が採用

2026年に発売するBMW MINIは5つのバリエーションが存在する

自動車内のテクノロジーがスマートフォンや他のデバイスと比べて時代遅れになる問題に直面しています。

しかしこの課題を解決するためには、単にオーバーザエアアップデート(ワイヤレスによるソフトのアップデート)を可能にするだけでは足りません。

多くの自動車メーカーは、プラットフォームやコーディング言語に関する課題、あるいはそのプラットフォームを理解し、ソフトウェア企業のように計画的かつ実行することに関する問題に直面しています。

そして、表面的な部分では自動車業界初の有機LED(OLED)式のセンターディプレイを採用することで、スマートフォンなどのデバイスの遅れを取り戻そうとしています。

iPhoneよりのOSからAndroid OSの意外な登場

BMW MINI(およびBMW)は、この新しいデジタル体験で達成しようとしていることは、世界で広く知られているプラットフォームを活用して将来に備えることです。

これには、何百万もの開発者とアプリが利用可能なGoogle Playアプリストアを活用することが含まれます。

さらに重要なのは、MINIが将来のイノベーションに利用するプラットフォームがオープンであり、アプリの開発が容易であるという点です。

これまでBMWはアップル社との関係性が強い自動車メーカーでした。

その理由は、アップルの元社長であるスティーブ・ジョブス氏がBMWの愛用家だったことが原因とされていますが、その時代は終わりを告げようとしています。

カスタマーエクスペリエンスと未来への展望

BMW MINIは、新しいデジタルエクスペリエンスを通じて、ユーザーが直感的に操作でき、必要なサービスを提供し、CarPlayやAndroid Autoを利用できるインフォテインメントシステムを提供したいと考えています。

新しいMINI OS 9は、これを実現するだけでなく、MINI固有のデザインとエクスペリエンスを提供します。

また、AOSP(Android オープンソース プロジェクトAndroid の開発にかかわる関係者、プロセス、ソースコードのこと)を基盤とすることで、ワイヤレスのApple CarPlayやAndroid Autoも利用できます。

新しいBMW MINIデジタルエクスペリエンスとMINI OS9は、J01型BMW MINI クーパーSE、U25型 BMW MINI クロスオーバー(電気およびガソリン)、J05型 MINI Acemanなど、新しいMINIファミリー全体で利用可能となります。

BMW MINIは、テクノロジーの進化とカスタマーエクスペリエンスの両面で大胆なステップを踏んでおり、その成果が今後どのように展開していくのか楽しみです。

【引用・参照元】