私はアウディと言えば、基本的にTT以外にはあまり興味がないのですが、アウディR8なら少し興味があります。これの廉価版なら購入できそうな価格帯になるのなら歓迎です。

アウディR8は次期モデルの開発中止?

アウディR8は次期モデルの開発は中止されていると聞いています。

理由は分かりませんが、ランボルギーニとの差別化が難しいとか、今後は環境対策力を入れるのでスーパースポーツカーの役割が終わったのか。

どちらにしても、アウディR8の次期モデルは販売されないと聞いていました。

しかし、今回の廉価版の登場が本当なのであれば、少なくてもアウディR8の生産自体がすぐには中止されないことを意味するので、アウディR8のファンとしては一安心ではないでしょうか?

アウディR8の廉価版の違いは何か?

アウディR8の廉価版の最大のウリはエンジンがダウンサイジングされること。

2.9LのV6気筒ターボエンジンなら450馬力を発生しますので、V10仕様と比べれば性能的にはお取りますが、スーパースポーツカーとしての面目は立つでしょう。

また、2.5Lの直列5気筒エンジンでも400馬力は保証されるでしょうから、ハイパーアウディの象徴である直列5気筒も可能性は高い。

しかし、それ以外に関してはフロント、リアのデザインが一部変更されるのと、バーチャルコックピットに関係するコンピューターシステムがアップデートされるに留まる模様。

どうせ買うならスパイダーですね。

もし、アウディR8に廉価版が設定されるのであれば、ぜひともスパイダーもラインナップに加えてほしい。

個人的には2シーターの車ならクローズドボディにする必要がない、と考えますのでできればスパイダーに乗ってみたい。

Audi R8 Coupé V10 5.2 FSI quattro     ¥24,560,000
Audi R8 Coupé V10 plus 5.2 FSI quattro ¥29,060,000
Audi R8 Spyder
¥26,180,000

このようにアウディR8は非常に高価な車になるのですが、これが廉価版になるといくらに価格設定されるのか?

ベースグレードのアウディR8でも約2,500万円もする車なので、廉価版が販売されても半値にはならないでしょう。

概ね2,000万円前後が妥当な価格と思いますので、これでエンジンがV6とか直列5気筒と言われるとコストパフォマンスに見合わない気もします。

アウディTTのRSでも約1,000万円で同じエンジンを搭載していることを考えると、もう少し価格を下げるか、V6でごまかす必要がありますね。

やっぱりアウディR8の廉価版と言えでもそう簡単に購入できる車では無さそうです。

【引用・参照元】

https://response.jp/article/2018/05/14/309618.html