青空駐車の車を洗車するタイミングが分かりません。

青空駐車している車は汚れる

私のセカンドカーであるアバルト595Cは自宅カーポートに収めることが出来ないので自宅付近の月極駐車場を借りて青空駐車で駐車しています。

特に冬場は霜が降りると車が濡れてすぐに誇りだらけになってしまいますので、写真のように少し洗車をサボると黒いボディがまだら模様となってしまいます。

これが夏場だと天気さえ気にしていれば雨が当分降らないだろう頃合いを見計らって洗車することで、車を一定期間きれいに保つことも可能です。

しかし、冬場はほぼ毎日のように霜が降りるので車を洗車して数日も経たないうちにホコリで車がまだら模様になってしまいます。

これだと洗車するだけ無駄に思えるのでもう二ヶ月以上洗車していないと思いますが、ボディの劣化が非常に気になります。

ボディカバーをかけるともう車に乗る気がしない

アバルト 595C ツーリズモに購入していたハーフボディカバーを取り付けてみた

セカンドカーのアバルト595Cにはハーフボディーカバーを一時かけていましたが現在はほぼかけていません。

ハーフボディーカバーの利点は幌の劣化防止を比較的簡単に防ぐことが出来る所ですが、逆にボディ自体にはハーフボディーカバーからしずくが垂れることで余計にボディが汚れる結果になります。

取り外しはフルのボディカバーよりもかなり簡単ですが、夏場以降めんどくさいこともあって全くハーフボディーカバーを活用しなくなっています。

なのでボディの汚れ防止&幌の劣化防止の観点からフルのボディカバーをかけるのが本当は良いのですが、毎週末に車に乗る際に一々ボディカバーを外し収納する手間を考えるともう車に乗ることが億劫になるので、フルのボディカバーを購入することも躊躇している状況です。

青空駐車の車は水なし洗車洗剤で洗車するしかない?

結局毎日のように霜が降りるような冬場の状況で車をきれいに保つ方法は、ボディカバーをかけないのであれば、毎週のように車を洗車するしか方法がないと思われます。

一応自宅には洗車用の高圧洗浄機があるので自宅のガレージにセカンドカーを持ってきて洗車することは可能です。

しかし、その場合は別の車を月極駐車場へ持ってきて入れ替える作業が発生しますので、これはこれで面倒な作業が発生します。

月極駐車場で洗車が出来れば良いのですが水道設備がありませんからそれも難しい。

巷には水なし洗車が出来る洗剤なども販売していますが、これってどうなんでしょう?

基本的には水なし洗車の場合はホコリを落とさずに洗車するので今度はボディが傷だらけになると思うのですが、実際にはどうなんでしょうねえ。

水なし洗車用洗剤で洗車していらっしゃる方がいらっしゃれば、ボディの傷の付き具合などを教えてもらえると助かります。