オープンカーにはウインドストップ(ウインドディフレクター)は必須です!

オープンカーにはウインドストップ(ウインドディフレクター)は必須

アバルト595Cツーリズモにウインドウディフレクター(ウインドウストップ)は必要か?

こちらの記事でも書きましたが、やっぱりオープンカーにはウインドストップ(ウインドディフレクター)は必須だと思うんです。

今回のアバルト595Cツーリズモはロードスタータイプではなくキャンバストップタイプのオープンカーなのでそこまでウインドストップ(ウインドディフレクター)の必要性は無いかもしれません。

アウディTT ロードスター(8S)のウインドディフレクターをアクリル板で自作

アウディ TT ロードスター 8Sの時にはウインドストップ(ウインドディフレクター)を自作までして取り付けて、それなりの効果を感じることもできましたので。

特に冬にオープンで走る際に冷たい風が車内に巻き込むのは体感温度を下げることになりますし、春秋でも風を感じて走りたいですがまともに風を受けるのはいろいろ不便なのでできれば避けたい。

やはり、オープンカーにはウインドストップ(ウインドディフレクター)は必須だと思うんですよねえ。

フィアット500Cウインドストップを落札したハズですが

今回私は偶然ヤフオクでフィアット500C用のウインドストップが出品されていることに気づきすぐに入札。

一回だけ競り上がりましたがそれ以上はせり上がることなく無事に落札。

商品説明欄には購入した中古車のトランクに袋に入った状態でウインドストップがあることを購入後に知り、使う予定がないとのことで出品されていました。

一応中古として出品されていましたが実質的には使用された形跡がないとのことなので、ほぼ新品を格安で購入することができました。

実際に届いた商品はこちらですが、ヤフオクの出品写真はロゴがフィアット500Cと記載になっていますが、届いた商品はアバルトのロゴが入ったウインドストップが届きました。

最新のアバルトのカタログにはウインドストップは記載されておらず、フィアット500Cのカタログにのみウインドストップの記載があります。

商品に同梱されていた取り付け説明書にもアバルトのロゴと写真の車がアバルトになっていますので、以前はアバルトのロゴが入ったウインドストップも販売されていた?と思われます。

これって本当にアバルト595Cツーリズモ(2019年式)に取り付けできるのか?

まだ納車日が未定の状態でパーツが少しづつ届いてきている状態ですので、このウインドストップが取り付けられるのかが少し不安ですが、基本リアシートや荷室部分は年式問わずに変化はないハズです。

なので取り付けられるかどうかは現在は不明ですが、まあ何とかなるでしょう(ポジティブ思考)

取り付けられた場合は、メッシュ状のウインドストップ(ウインドディフレクター)なので後方視界が少し気になります。

本当はアクリルなどの透明なウインドストップ(ウインドディフレクター)が理想ですが、流石にこればっかりは自作するのは難しいと思いますので、早く車に取り付けて確認したいところです。