もうすぐ納車されると思われるアバルト595Cツーリズモのパーツがどんどん増えてきましたが、ついに車高調も届いてしまいました。

アバルト595Cツーリズモの車高調を選ぶ基準

SPIRIT(スピリット)社製アバルト500車高調レビュー

前回アバルト500を購入した際には車高調はスピリット製をチョイスしました。

写真でも分かるようにリアがグッと下がって見た目が非常にカッコよくセットすることが可能です。

しかし、スピリットというメーカーはレースやサーキット走行を主体に考えられている車高調なので、どのグレードを選んでも全体的には硬めのセッティングがされています。

私のようなナンパなアバルト乗りには少し乗り心地的に硬めなのが少し不安でした。

そこで今回はリアの車高がグッと下がりつつも乗り心地が良いと思われる車高調という前提で選ぶことにしました。

サスペンションのストロークが短いアバルト595系で乗り心地重視な車高調をチョイスするのは結構難しいです。

アバルト595系の乗り心地重視な車高調

インターネットで調べたり専門ショップの方々にアドバイスしてもらった結果、アバルト595系の乗り心地が良いサスペンションとして候補に上がったのは以下の車高調です。

ラルグス 全長調整式車高調キット SpecS Import

 みんカラではアバルト595系で一番取付実績が多いと思われる車高調。

一番の魅力は価格が非常にリーズナブルであること。

ラルグスは元々国産車用の車高調を数多く販売しているメーカーです。

そのラルグスが輸入車用に販売しているのがSpecS Importです。

確かに実績も抜群で価格も安く多くの方がアバルト595系に取り付けている理由は明確ですが、国産車オーナーでラルグスの車高調を取り付けた実績のある方の話だと比較的硬めのセッティングとのこと。

この辺は主観なので硬めもいろいろ解釈がありますが、レビュー記事を読んでみても高評価が多いのですが乗り心地が良いというレビューは皆無でした。

KW Version-1

私はKW Version-3を三台も取り付けた実績がありますので、信頼性が高いことは知っています。

今回は予算の都合でVersion-1を検討しました。

KWの魅力はダンパーが複筒式であるため相対的に乗り心地が良いこと。

ただし、アフターパーツの車高調を取り付けるとよくある「異音」がするとの話を聞いたので少し不安。

アイバッハ プロストリートS

アイバッハといえばスプリングのメーカーですが、車高調も販売しています。

アイバッハのポイントは多くの自動車メーカーに純正部品としてスプリングが採用されていること。

信頼性は抜群でそんなにハードな設定になっていないことが魅力です。

アイバッハ プロストリートSを選んだ理由

結局最終的に今回アバルト595Cツーリズモ用に乗り心地が良い車高調として選んだのは、アイバッハ プロストリートSでした。

一番の決め手は写真の赤丸の部分に記載がありますが、アイバッハ プロストリートSのダンパーはKW製の複筒式なんです。

アイバッハの乗り心地が良いスプリングとKWの乗り心地が良いダンパーの組み合わせなのでかなりの確率で乗り心地が良いと思われます。

しかし、インターネットで調べてもKW Version-1の取付実績は複数見つけることができましたが、アイバッハ プロストリートSの取り付け事例はあまり見つけることができませんでした。

なのでどこまでリアの車高が下げられるのかが不明ですが、KW Version-1だとそれなりに車高は下がるようなので多分大丈夫だろうということで見切り発車で購入しました。

最終的には実車に取り付けて車高を調整するまでは分かりませんが、最悪あまり車高が下がらないようであればスプリングだけ別メーカーのものに交換するのも有りだと思います。

早く実車に取り付けて車高の下がり具合を見てみたいものです。