アバルトのドライビングポジションの改善のためステアリングやボスを交換すると困るウインカーレバーに手が届かなる問題を解決します。

アバルト595系のドライビングポジション改善策

アバルト595CへDDMステアリングエクステンダーとウインカーポジションアップキット取付け

軽トラックのようなドライビングポジションを改善するためにアバルト595系オーナーは色々対策されている方も多いと思います。

私もその1人でこちらの記事のようにステアリング位置を手前に移動させるエクステンダー(DDMステアリングエクステンダー)を取り付けています。

ステアリングの位置が約5cm程度手前に移動させることが出来ますので、足元優先のシートポジションに設定しても腕がステアリングをしっかり掴むことが出来るようになります。

そうすることで、軽トラックのようなドライビングポジション(背筋を足に対して垂直に伸ばすような窮屈な姿勢)から自然なドライビングポジションへ変更することが可能になります。

DDMステアリングエクステンダーのデメリット

ただしこの対策を行うことでデメリットがあります。

ステアリングの位置が5cm程度手前に移動するためにウインカーレバーやワイパーレバーに指が届かない状態になります。

こうなるとウインカーレバーの操作を行う際にはイチイチステアリングから手を離して操作する必要があるため非常に運転が不便になります。

この不便さを解消するツールがウインカーレバーエクステンダー(ウインカーポジションアップレバー)になります。

写真は私が取り付けているウインカーポジションアップレバーですが、ウインカーレバーにエクステンダーを取り付けることで、ステアリング位置が移動したステアリングでもウインカーレバーの操作を手を離すことなく使用することが出来るようになります。

ただし、私が使用しているウインカーポジションアップレバーは国産車用のためアバルト595系のような輸入車に使用する場合は左側に取り付ける必要があることから本来の取り付け方法と違って裏返して使用することになります。

写真を見れば分かると思いますが、取り付けネジのナットは本来裏側に取り付けるものですが、私の場合は表側に付いているので、見た目的にブサイクになっています。

まあ、実用上は全く問題はありませんけどね。

アバルト595系専用ウインカーレバーエクステンダー

アバルトやフィアットのカスタマイズを行っているTRUCCO(トゥルッコ)では現在アバルト595系専用のウインカーレバーエクステンダーが販売されています。

このアバルト595専用のウインカーレバーエクステンダーは、アバルト595のウインカーレバーから型お越しした専用設計なのでフィッティングは抜群です。

また輸入車様に作られているためウインカーレバーが左側にあっても正しく取り付けが出来るようになっているのもうれしいですね。

そして一番の特徴は見た目の美しいカーボンで作られているという点。

私の様にエアコンパネルやシフトゲート周辺を全てカーボンカバーで覆っている場合は統一感を出すことが出来るのでトータルコーディネートすることも可能です。

DDMステアリングエクステンダーを取り付けてドライビングポジションは改善されたけどウインカーレバーが遠すぎてしっくりこない、と思っている方はぜひアバルト595系専用のウインカーレバーエクステンダーの購入を検討されてみてはどうでしょうか?

販売、取り付けに関するお問い合わせはTRUCCO(トゥルッコ)さんへ直接お願い致します。