アバルト595/フィアット500はスマホを置く場所が無くて苦労しますが、これを付ければGoogleマップをナビ代わりに使っても快適に使用することが出来そうです。

アバルト純正のスマホホルダーもあるけれど

アバルト純正のスマホホルダーと言えば、こちらの動画で紹介されているオートホールドモバイルホルダーという商品が発売されていました。

現在はアバルト用は販売されていませんが同じFCAグループのアルファロメオ版のオートホールドモバイルホルダーが販売されています。

ブランドマークが違いますがアバルト用もアルファロメオ用も基本的には同じ商品です。

このオートホールドモバイルホルダーの特徴はドリンクホルダーに据え置くことが出来るタイプであることとスマホを自動で固定してくれる機能があることになります。

非常に便利なスマホホルダーなんですがアバルトの場合はドリンクホルダーがセンターコンソールの下部にあるためにGoogleマップなどをカーナビ代わりに使用する場合は目線をかなり下げる必要がありますので使い勝手がイマイチだったと思います。

またオートホールド機能が付いていることなどでスマホホルダーとしてはかなり高額な商品だったことも見た目のカッコよさの割には販売面ではあまり売れなかったのでは?ないでしょうか。

あのイブデザインさんから発売されたスマホホルダー「FLAP CLIP」

アバルトのフロントグリルのロゴを目立たせる「ロゴインパクト」とは?

イブデザインさんと言えば、こちらの記事でも紹介しましたアバルトのインテーク内にあるABARTHの文字を目立たさせることが出来るロゴインパクトという商品を販売しているメーカーです。

アバルトなどの車のかゆいところに手が届く的な商品を開発しているメーカーさんですね。

そのイブデザインさんが今回発売したアバルト595/フィアット500専用のスマホホルダーは正にかゆいところに手が届く的なスマホホルダーになっています。

写真では少し分かり悪いですが助手席にあるグローブボックスの蓋にスマホホルダーを取り付けることで取り出しやすく、またGoogleマップなどをカーナビ代わりに使用する場合でも目線を落とすことなく見ることが出来る場所にスマホを設置させることが可能です。

当然この商品はアバルト595/フィアット500専用設計の商品ですからグローブボックスの蓋部分にきっちりと取り付けることが可能。

アバルトもフィアットも小さいボディ、短いホイールベースなので道路の段差などで車が揺れる場合がありますが、今回発売されたイブデザインさんの「FLAP CLIP」ならスマホを落とす心配もなさそうです。

流石にかゆいところに手が届くイブデザインさんの商品ですから、アバルト/フィアットオーナーの「こんなのあったらいいなあ~」を実現してくれた商品だと思います。

「FLAP CLIP」の取り付けは工具不要で簡単&しっかり固定

イブデザインさんが発売したアバルト595/フィアット500専用スマホホルダー「FLAP CLIP」は工具不要で簡単&しっかり固定が出来るスマホホルダーです。

写真のように・・・

  1. 取付面の傷防止シールを貼り付け
  2. 「FLAP CLIP」を所定の位置にはめ込む
  3. 簡単&しっかり取り付け完了

たったこれだけでスマホホルダーを取り付けることが可能です。

完成形はこちらの写真のようになりますので、スマホが見やすい場所に固定することが出来ますし、スマホを取り付けない場合はスマホホルダーを折りたたむことが出来ますので助手席の人の邪魔にもなりません。

アバルトやフィアットでスマホをカーナビ代わりに使っている人には、とても便利なスマホホルダーになりますね。

なお、この「FLAP CLIP」はハンドル位置は左右関係なく取り付けることが出来ますが、対応車種がアバルト595/フィアット500のシリーズ4に対応する商品になっていますので、ご購入の際にはご注意ください。