FCAジャパンは限定車アバルト595エッセエッセを日本国内305台限定で販売することを発表しました。

アバルト595エッセエッセとは?

アバルト595エッセエッセ esseessee発売!アバルト70周年記念

今回日本に導入されたアバルト595エッセエッセは、この記事で紹介した欧州ではカタログモデルと販売されているモデルを日本でも台数限定で販売するものと思われます。

日本で発売決定!アバルト595 PIsta/595C Pistaは限定240台

先日日本でも限定販売されたアバルト595Pistaと同様の方法ですね。

アバルトにおけるエッセエッセ(SS)は伝統的にスポーツモデルに付けられる名称の1つです。

以前に販売されたアバルト500時代にはエッセエッセパッケージ的な設定も用意され、専用ホイールやブレンボ製ブレーキキットなど走りに直結するパーツのセット販売も行われていました。

今回販売されるエッセエッセは基本はコンペティツィオーネをベースに特装されたモデルということになります。

アバルト595エッセエッセは全て右ハンドル仕様

今回日本に導入されるアバルト595エッセエッセのバリエーションは以下の通り。

  • 595エッセエッセ:403万円(MT:110台)
  • 595エッセエッセ:420万円(MTA:60台)
  • 595Cエッセエッセ:426万円(MT:90台)
  • 595Cエッセエッセ:443万円(MTA:45台)

となり全てハンドル位置は右ハンドルのみの設定になります。

エッセエッセというスポーツモデルなので、MTの左ハンドルを希望される方は残念としか言いようがありませんね。

その代わり、アバルト595Pista同様にカブリオレモデルが用意されているのは嬉しいですね。

アバルト595エッセエッセはベースはコンペティツィオーネですが、日本ではコンペティツィオーネではカブリオレが選択出来ませんので、速いカブリオレモデルを希望される方はチャンスです。

またカブリオレでMTが選択出来るのも一部の特別仕様車のみになりますので、MT派の人には選択肢が多くなるので選ぶのに苦労するかもしれません。

私が一番オススメするモデルはアバルト595Cエッセエッセ(MTA)

私がアバルト595Cオーナーだということもありますが、今回のようにこれまででも初めて設定されるコンペティツィオーネベースのカブリオレは特にオススメできるモデルだと思います。

イタリアを始めとする欧州では全てのグレードでカブリオレもサンルーフも選択が出来ますが、日本の場合はその手の選択肢が非常に少ないもの事実です。

私のようにオープンカーやサンルーフ好きな者にとっては残念に思えてしまいます。

今回のように特別仕様車ではありますが、日本のカタログモデルでは選べない仕様を購入出来るチャンスは貴重です。

また今回特別仕様として販売されるアバルト595エッセエッセの中で、一番販売台数が少ないのがカブリオレのMTA仕様。

全体の305台の中でたった45台しか販売されない。

これはある意味、数年後のリセールバリューを考えると確実に高値安定が見込める仕様だと思いますし、MTを選ぶならやはり素性の良い左ハンドルの組み合わせを考える人が多いでしょう。

よって今回は右ハンドルしか選べないことを考えると、台数も少ない希少性の観点からも私からのオススメはカブリオレのMTA仕様だと思いますよ。

【引用・参照元】

https://www.autocar.jp/news/2020/08/25/558402/?fbclid=IwAR0zcTNSOPCeJFafYsu8gRV9j5tMvG8c5boaVsRZHdnl0gX__758evdcRj8