たまたまアバルト京都店さんでスリーハンドレッドさんのイベントが行われたので、お試しECUチューニングをチャレンジしてみました。関西だと貴重なイベントですからね!

ECUチューニングかソロコンで悩みました

アバルト595オーナーであれば誰でも感じていると思う発進時のトルクの無さから発生するアクセルを踏んでいるのに前に進まない感じ。

これは小排気量のターボ車特有の現象で、基本小排気量の車はエンジン回転数を上げないと馬力やトルクはなかなか上がりません。

さらにアバルト595の場合は、その後のターボが効き出してからのドッカーン!度が高いので余計に低回転域のもっさり感が強調されます。

リーズナブルに改善するのであれば、スロコンで対応が可能です。

スロコンは電子制御式スロットル搭載車のアクセルレスポンスを制御する機器で馬力はアップしませんが、アクセルの踏み具合が少なくても多く踏み込んだ状態を発生させることができます。

擬似的に馬力がアップしたと思わせる感じですね。

ECUチューニングはエンジン制御を行っているコンピューター自体のプログラムを書き換えることで馬力、トルクを本当にアップさせます。

メーカーは馬力、トルクを車が十分に吸収できる安全マージンを見込んでチューニングしていますので、その安全マージンを少し削って本来のエンジンの実力に近づけることで馬力、トルクをアップさせます。

ただし、価格がスロコンに比べると高くなるのが難点です。

スロコンはリニアではないイメージがします

アウディTT ロードスター(8S)にペダルボックス+取り付けてみた感想

最近のスロコンはかなり進化していると聞きましたので10年以上ぶりにアウディTT ロードスターに取付けたことがあります。

確かに昔のスロコンよりかなりリニアな感じがして使い勝手は良かったですが、それでも調整の幅がそんなに広くないのでどうしてもドライバーの意図している馬力、トルクとアクセルの踏み具合の調整が難しかったです。

アクセルをこのぐらい踏むとこのぐらいは走って欲しいなあ、という間隔にスロコンを調整するのには限界がある、と思っていましたので今回はできればECUチューニングをしてみたいと思っていました。

ECUチューニングの場合は自分では調整できないので、セッティングされているECUチューニングが自分のフィーリングにマッチするかしないかが決め手になります。

スリーハンドレッド製のECUチューニングプログラムは私の好みにピッタリ!

当日は大雨の中アバルト京都店までドライブして早速お試しECUチューニングを依頼しました。

このように軒先の下でパソコンと車のコンピューターをつなぎ10分程度でインストール終了。

この後はお一人で走ってもらって気にればお買い上げ、気に入らなければノーマルに戻してくれます。

当日は雨でイベント終了1時間程度前に施工してもらいましたので、実質20分強ぐらいしかドライブできませんでしたが、十分満足する結果でしたので、テストドライブ終了後、即お買い上げになりました。

その後、アバルト京都からの帰宅、または後日一般道、ワインディングロードでも運転しましたがノーマルよりも遥かに運転しやすくなった、というイメージです。

低回転からトルクがでますので発進時のもっさり感はほとんど解消できている、と言ってもいいほど改善されています。

今まで常時スポーツモードでの走行でしたが、これなら平時はノーマルモードでの走行でも十分だと思います。

もちろん、スポーツモードの方がよりトルクが低回転からモリモリなのでこちらの方がより運転しやすいので、このへんは個々の方々の好みで使い分けになります。

正直に言うと、私の場合は595C ツーリズモなのでノーマルで160馬力ですが、スリーハンドレッド製のECUチューニングで約30馬力相当のアップを聞いています。

ですからやっとコンペチィツィオーネの180馬力になったかな?という感じですので、トップパワーは想像の範囲内の体感です。

個人的にはピークパワーよりも日常での使い勝手がよいトルクフルなエンジンを好むので、スリーハンドレッド製のECUチューニングは私にもアバルトにもぴったりなECUチューニングだと思います。

各地のディーラーでスリーハンドレッド製のECUチューニングのイベントが不定期ですが開催されていますので、気になる方はお試しインストールしてみてはどうでしょうか?