アバルト595と言えば、ノーマル車高の高さが気に入らない、と思っている人が多いハズ。なので、ローダウン化は絶対に必要ですが。。。

アバルト595Cツーリズモのローダウンスプリング

アバルト595Cツーリズモを購入と同時にレカロだのホイールだのって効果なアイテムが欲しいと思うと、車が早く納車されないか?と思う反面、資金繰りで気が遠くなりそうです。

なのでローダウンはローダウンスプリングで安上がりに仕上げたいところですが、乗り心地が良くなる&カッコいい車高にセットできそうなローダウンスプリングは意外と少ないですね。

アイバッハやH&Rのローダウンスプリングが定番のようですが、レビューを見る限り車高が落ちきらない、乗り心地が悪くなるなどの話がちらほら。

THREEHUNDRED ロワリングスプリング ABARTH 500 / 595 – THREEHUNDRED THE STORE

DUKESがプロデュースするABARTH(アバルト)のパーツブランド ホイール、カーボン、ブレーキパーツなど


なのでTHREEHUNDRED ロワリングスプリングが一番評価が高い(車高OK、乗り心地OK)なんですが価格が他のスプリングの2倍から3倍って・・・。

アバルト595Cツーリズモの車高調

約10万円も払ってローダウンスプリングを付けるぐらいならポン付けの車高調で良いのでは?と思うとそれなりの価格でアバルト595Cの車高調が販売されています。

SPIRIT(スピリット)社製アバルト500車高調レビュー

本当は調整可能なSPIRITの車高調とかが理想ですが、ここで予算を抑えないと何かを我慢しないとダメなのでここはじっとガマン。。。

この当たりの車高調がアバルト595オーナーには人気のようですが特にラルグスというメーカーの車高調はこの価格で調整式というのがコスパが高い。

車高調で10万円前後で乗り心地が確保できそうな車高調はこの当たりが妥当ですが、コスパだけならラルグスが最有力ですね。

アバルト595Cツーリズモのローダウン化

アバルト595Cツーリズモのローダウン化は確実に行いたいカスタマイズでありますが、サスペンションも妥協するとあとでとても後悔するアイテムです。

安いローダウンスプリングならいざしらず、車高調で失敗するとかなりダメージが大きいので慎重にもう少し調べたいと思います。

この手の車高調はスプリングとショックを製造しているメーカーは限られるので、特にラルグスというメーカーのスプリングとダンパーがどこのOEMなのかを調べればどのぐらいの品質なのかは予想ができます。

それで問題ないのであれば、ラルグスが最有力候補ですね。

なんとなくの感ですがラルグスってBC RACAINGの廉価版OEMじゃないのかな?と思っています。