このブログにはアドセンスの広告が表示されていますが、ある時に一気にアドセンスの収入が半分近くまで激減しました。理由は簡単でgoole公式アドセンスプラグインのサポート修了がキッカケです。

google推奨のクイックスタートを試してみましたが

google公式アドセンスプラグインがサポートが中止されることになった訳ですが、googleが推奨しているクイックスタートを実施した結果がこの写真です。

約1ヶ月使用した結果、クイックスタートを使用する前の前月対比で報酬が激減する自体に。

もう少し期間をおけば広告表示が最適化されて報酬がアップするかと思いましたが、目に見えて増える様子も見受けられなかったので、クイックスタートを断念することにしました。

特段アクセス数が減少した訳ではありませんから、やはりアドセンスの表示方法に問題があると思い、どこに問題があるのか考えてみました。

1.広告表示の場所

これは完全お任せ状態ですが、記事中にほぼ表示されないのが致命傷です。

2.広告表示回数

これも完全お任せですが、1記事目には広告がどこかに表示されますが、2記事目以降続けて読むと、ほぼ広告表示はありません。

3.記事遷移時の全面広告はユーザーフレンドリーではない

モバイルの場合は記事から記事へ遷移する際に全面広告を表示させることができます。これはまったく不快なのでOFFにしましたが、そもそもユーザーフレンドリーではないと思うのですが。

これらの理由が表示回数、クリック数が大幅に減少し、従来通りの報酬発生が見込めなくなりました。

ワードプレス用のアドセンスのプラグインは複数ありますが・・・

google推奨のクイックスタートを使用しないでブログにアドセンスを表示させる方法はざっくり2つ。

1.表示させたい場所すべてにアドセンスのタグを記載
2.ワードプレスのアドセンスプラグインを使用

この2つが選択肢になりますが、今さら何百記事もあるブログにアドセンスのタグを記述するのは膨大な手間が必要です。

私のようなお手軽に済ませたい人にはまったく非現実的な方法なので却下です。

そうなると、ワードプレスのプラグインを使用することになりますが、結局は同じようにプラグイン指定のタグを表示さたい場所に記述することになるので、手間ということでは同じです。

これからブログを立ち上げる場合はこれらの方法で対応できますが、運営中のブログには対応するのが難しいといえます。

運営中のブログに一気にアドセンスを記事に表示させるワードプレスプラグイン

そこでgoole公式アドセンスプラグインのように、簡単な設定で一気にブログ内にアドセンスを表示させるワードプレスのプラグインが無いのか調べた結果、やはりありました。

Wp-insertがgoogle公式アドセンスプラグイン並に簡単

Wp-insertというプラグインがありますので、今回はこのプラグインを使用してアドセンスを表示させるようにしました。

広告を貼るプラグインWp-insertが使いやすい

こちらの記事を参考に設定をさせていただきました。プラグインは英語表記ですが、詳しく解説されていますので英語嫌いな私でも簡単に設定が可能です。

現在Wp-insertを使用して約1ヶ月が経過しましたがご覧のようにアドセンスの報酬がほぼ以前の状態に近いところまで改善されました。

Wp-insertは記事の上、中、下やサイドバーにアドセンスを表示させることが可能です。逆に言うと、それ以外の場所にはアドセンスが表示できません。

例えば、google公式アドセンスプラグインがTOPページにも任意の場所に広告表示が可能でしたが、Wp-insertではTOPページへのアドセンス表示はできません。

過去の経験上、TOPページのアドセンスはあまりクリックされない傾向が強かったにで今回はあまり気にしていません。

1番クリックされるのは記事文中ですので、ここで3ヶ所表示できますので十分です。ただし、記事中央部分はgoogle公式アドセンス同様にプラグインが表示させる場所を決めますので、区切りの悪い所に表示されることがあります。

その半面、記事の上部、記事の下部にはきっちり表示されますので、google公式アドセンスプラグインと比べると一長一短でしょうか。

一応サイドバーの上部に今回からアドセンスを表示させていますが、ほぼクリックされません(泣)

もし、お手軽っだったのでgoogle公式アドセンスプラグインを未だに使用されているのなら、いつ不具合がおこるか分かりませんので、早めにWp-insertへ移行される方が良いかと思います。

注)記事上部、記事下部の表示はワードプレスのテンプレートデザインごとに記事欄外に表示される減少も見かけられます。私は賢威というテンプレートを使用していますので、今回の内容も賢威を使用した結果を報告しています。